ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマートフォンリングの代表格「Bunker Ring 3(バンカーリング)」のレビュー、Xperia Z5 Premiumで使用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンの落下を防止するリングアクセサリーの代表格と言える「Bunker Ring 3(バンカーリング)」を入手したので、落下の可能性が比較的高い Xperia Z5 Premium で使ってみいました。バンカーリングは、端末の背面に装着して指をリングに通して持つだけで、スマートフォンの落下を防止するほか、指 1 本でも持てるようになるので仰向けでも楽に持つことができます。リングは折りたたみ式で、使わない場合はたたんでおくことができます。立てるとスマートフォンスタンドにもなり動画を視聴する場合に役立ちます。バンカーリングには、様々なデザインが用意されており、選択肢は多いのですが、今回はベーシックなブラックを選択しました。価格は Amazon.co.jp で 1,944 円。端末との接触部分は粘着シートとなっており、水洗いで粘着力が復活する仕組みです。今回は Xperia Z5 Premium 本体ではなく、クリアタイプのハードケースに取り付けましたが、粘着シートでもガッチリと固定されました。当然のことですが、バンカーリングを取り付けると、デスクなどに置いた際に端末が少し浮いた感じになります。バンカーリングを端末の中央部分に取り付ければリング部分が軸になってどちらかに倒れたりはしません。リングを立てて横置きすると動画視聴に最適な状態になります。一般的なスマートフォンリングはリングを折りたたむときの抵抗がリニア(ストッパー的な仕組みがないということ)なので、縦置きの場合にはリングが安定せず、倒れてしまうのですが、バンカーリングにはある程度の抵抗があるので、リングを立てて端末を縦置きしても簡単には倒れません。つまり、一般的な製品は縦置きしづらく、バンカーリンクはしやすいということです。Xperia Z5 Premium は 5.5 インチ端末なので、本体は手からあふれるほどの大きさです。そのため、落とさないために何らかの対策をしたいと思う方は多いと思います。そういうときにはバンカーリングをはじめとしたスマートフォンリングがお勧めです。実際に使ってみると、落ちないことはもちろん、リングに通した指に力を入れることができるのでグリップ感も向上します(銃の引き金を掴んで持っているようなイメージです)。Source : バンカーリング公式サイト

■関連記事
Android版「Facebook」のタブレットUIが刷新
Huawei、2015年は35%の売上高増加を記録、2016年はハイエンド機を積極的に海外展開
Huawei WatchにAndroid 6.0.1ベースのAndroid Wear 1.4のテスト版が配信される、スピーカーが有効に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP