ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるで標本!ガラスに命を閉じ込めた不思議な彫刻

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ニューヨーク・ブルックリンで活躍するDustin Yellin氏は、不思議な作風で世界的な評価を集めるアーティスト。

作品を見てみると、ガラスの中に彫刻が閉じ込められており、まるで未知の生物の標本のよう!

実際には薄いガラスの上に色を乗せて、それを重ねていき、立体的に見せている。

しかしその作業は簡単ではない。

重ねるガラスの数は非常に多く、大きなものでは12トンもの重さになるという。

当然、ガラスが少しでもずれれば、作品は台無しになってしまう。

最新作「Psychogeographies」では、12体を制作するのに6年の歳月を費やしているという。

驚くほどの手間と時間がかかった作品は、まさにアートと呼ぶにふさわしい。ぜひ日本でも展示してほしいものだ。

Dustin Yellin
http://dustinyellin.com/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP