体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今、東北系地ラーメンが熱い! 極上の白河ラーメンを食す @『一番いちばん』町田市

ichiban-1_R

最近、微妙に町田市(東京都)のラーメンを攻めている筆者ですが、個人的に凄い気になる店に行ってみました。

『白河手打中華そば 一番いちばん』(以下、一番いちばん)

大事な事なので2回言う勢いの店名ですが、中身は至って真面目なラーメンの店で御座います。あの『とら食堂』のスープや麺作りを学んだ『一番いちばん』の自家製麺は、ラーメンフリークなら必食の一杯かと存じます。

町田駅から歩いてチョイチョイの距離にある『一番いちばん』

ichiban-11_R

『一番いちばん』の場所は町田駅からはちょっと離れていて、町田税務署の入り口にあります。

そして!

店は目の前にあるにはあるのですが、看板すらない勢いなので、最初から『一番いちばん』に行くぞと言う強い意志と、スマホでナビるテクノロジーが必須です。

また、タクシーに乗るほどでは無いけれども、歩くとチョイチョイと言う微妙な距離があるので注意が必要かと存じます。

湯河原生まれあるある「ラーメン=味の大西=ワンタン麺」

kokumi_R

湯河原生まれの筆者にとってラーメンとは「味の大西のワンタン麺」(1930年頃に創業)であり、むしろ

「ワンタンが入ってないラーメンとかなんなの?」

ってスタンスで御座います。上記の写真は『味の大西』のDNAを継ぐ『国味ラーメン』のワンタン麺ですが、大きなワンタンと『室伏製麺』の麺、ぶっ濃い目の醤油味が特徴の地ラーメンです。

ぶっちゃけ、さして湯河原に未練のない筆者ですが、海と魚と温泉と猪とワンタン麺だけは恋しくなります。

なので『一番いちばん』に筆者が訪れた目的のひとつが”雲吞”(ワンタン)であります。

と、言う事で普通に『雲吞麺』をオーダーするのも、ひとつの正解ですが何気に『特中華そば』的な何かがお得に感じたので、今回は『特中華そば』(950円)にしてみました。

『特中華そば』を食べてみた

ichiban-1_R

『一番いちばん』のラーメンは”白河系”と言う事ですので、福島県の白河市周辺で提供されている”地ラーメン”の素朴な醤油ラーメンのビジュアルに、『特中華そば』ならでは具がプラスされた豪華な感じです。

丼の直径はさして無いのですが、深さがあるのでボリュームは普通でしょうか? このビジュアルなら950円も納得かと思われます。

そして!

その白河ラーメン発祥の店として知られる『とら食堂』の血統を受け継ぐのが、この町田市にある『一番いちばん』で、町田周辺に住まうラーメンマニアの間でも気になる店のひとつに挙げられています。

スープは鶏と豚だけの出汁との事ですが、非常にサッパリした澄んだスープが特徴です。

ichiban-5_R

むしろ、ラーメンと言うよりは”そば”とか”うどん”みたいな和風味に仕上がっていますね。

しかし、その香りと醤油の風味はしっかりしていて、スープが薄いと言う感じではありません。

ichiban-3_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会