ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Bluetooth Low Energyに対応したスマートフォンと通信するG-SHOCK「GB-6900」がFCCを通過

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スマートフォンと通信する次世代腕時計として今年3月に発表されたカシオ計算機の「GB-6900」が7月25日付けでFCCの認証機器リストに掲載されました。

FCC ID「BBQGB6900」はBluetoothの周波数で認証を受けています。「GB-6800」はBluetooth 4.0で採用された省電力の無線通信を可能にする”Bluetooth Low Energy”に対応した製品でG-SHOCKブランドで発売される予定です。FCCの資料にも”Bleutooth Low Energy”に対応するといったことが記載されています。

カシオの発表によると「GB-6900」の発売時期は2011年中。しかし、FCCに対して一部の資料を180日間非公開とするようリクエストしていることから発売はもう少し先なのかもしれません。「GB-6900」とBluetooth Low Energy対応のスマートフォンを組合わせることで、時刻の補正やタイムゾーン変更時の更新したり、スマートフォンで受けた着信やメールを知らせてくれたり、時計を叩くとスマートフォンの着信音を停止させることが出来るというのがほんの一例で、スマートフォ向けアプリによってさまざまな使い方ができると言われています。

「GB-6900」はコイン電池(CR2932)1個で動作する仕様で、その電池寿命は通信機能を1日に12時間使用した場合2年くらいと言われています。G-SHOCKなので耐衝撃製と20気圧防水です。サイズは53.2×50.0×18.3 mm、重量は約65g。

情報元:
FCC


(juggly.cn)記事関連リンク
HTCの女性向けスマートフォン”Bliss”とされる端末のリーク画像が公開
Motorola、KDDIにWiMAX対応スマートフォン「ISW11M」を投入?
Nokia MapsがAndroid、iOS端末でも利用可能に

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。