体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ATOK』の真の力を引き出す10の設定

彼女からは、おいちゃんと呼ばれています

今回はいのうえたくやさんのブログ『彼女からは、おいちゃんと呼ばれています』からご寄稿いただきました。

『ATOK』の真の力を引き出す10の設定

いつだったか、まだ左手の小指が軟弱だったころに、職場の先輩に『ATOK』を勧めていただきました。そのときは2週間ほど使ってみて、

うーん、なんか『MS-IME』とあんまり変わらなくないですかぁ? 

とふざけた感想を述べてしまいました。が、数年経った今になって思うのはやはり設定大事です。きちんと設定をしてはじめてその真価を発揮するものがあります。ブラウザ然り、エディタ然り。

今回は『ATOK』にスポットを当てて、僕の“本気”設定を紹介しますので、参考にしてください。なお説明は、いま自分が使っている『ATOK 定額制 for Mac(『ATOK 2010』相当)』ベースですが、基本的にWindows版のものにも当てはまりますのでご安心を。

1. 基本中の基本 −“話し言葉”モード

さて、『ATOK』の特長のひとつは言うまでもなく変換精度の高さです。そして、設定を“話し言葉”モードにしておくと、さらにその精度は上がります。

『ATOK』の真の力を引き出す10の設定

堅い言葉の変換精度が下がるわけではないので、プライベートだけではなく仕事中もこのモードにしておいて大丈夫です。あと、例えば“話し言葉九州”とか方言モードもあります。

『ATOK』の真の力を引き出す10の設定

2.“推測変換”を有効にして表示頻度も高くする

変換精度と並んで『ATOK』の特長だと思うのは“推測変換”です。入力中に変換候補がポップアップされて、Shift+ Returnで確定するアレです。これの気が利く度がハンパないです。さらに、使い込んでいくとどんどん学習していってくれます。

『ATOK』の真の力を引き出す10の設定

ただデフォルトでは若干控えめなので、表示頻度を“高”にしておくと、恩恵を最大限に受けることができます。これも基本ですね。

『ATOK』の真の力を引き出す10の設定

3. 逆に“省入力”や“推測候補モード”はオススメしません

逆に、途中までタイプして Tabキーを押すと変換候補がズラズラっと表示される“省入力”機能は、オススメしません。Tabキー押して矢印上下で選択、という時点で遅いです。フツーに打ったほうが早いです。

『ATOK』の真の力を引き出す10の設定

また、省入力が自動でポップアップされる“推測候補モード”というものもありますが、候補から選択することに頭を使ってしまいます。そんなところにリソースを割きたくありません。文章に集中したいです。しょーじき気が散ります。

あと、推測候補から選択するキーを、矢印上下だけではなくてControl+NとかControl+Pとかに割り当てられたら操作性が上がるんじゃないかと思いますが、どーでしょうか? ジャストシステムさん。

『ATOK』の真の力を引き出す10の設定

追記
『ATOK 2011 for Mac』になり、推測候補から選択するキーを、矢印上下だけではなくてControl + NやControl +Pに割り当てられるようになりました(『ATOK 2011 for Windows』はまだ使ったことがありません)。
また“推測変換”から“推測候補”の表示へシームレスにつなげることができ、操作性が劇的に改善されました。ジャストシステムさん、ありがとうございました!

ジャストシステムさんへの感謝の気持ちも込めて、新しいエントリーを書きました。

「ATOK 2011 の推測変換のときに Emacs キーバインドを使えるよう設定してみた」 2011年7日17 日『彼女からは、おいちゃんと呼ばれています』
http://d.hatena.ne.jp/inouetakuya/20110717/1310900853

(追記)3-2.「推測変換」と、「省入力」や「推測候補モード」との違い

コメントをいただきましたので追記します。推測変換にポップアップされるデータは省入力のデータです。なので、推測変換を勧めておいて省入力を否定するのは矛盾しているのでは? という点について補足です。

用語が似ていて紛らわしいのですが、整理すると下記のようになります。

推測変換 候補が“1つだけ”ポップアップされる。Shift+Returnで確定
省入力 推測変換時に Tab キーを押と出てくる“複数”の候補
推測候補モード 省入力候補が自動で“複数”ポップアップされるモード

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。