体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1500人のがん患者と向き合った医師が語る 「死ぬ時に後悔しないために、20代がやっておくべきこと」

f:id:k_kushida:20151215173118j:plain

7年間で3000人強。たくさんのがん患者とその家族が訪れる人気の対話室がある。病理学者の樋野興夫氏が開いた「がん哲学外来」だ。外来といっても臨床医による診察はなく、1時間にわたって無料でがん患者やその家族と会話をし、心のケアをする。話の内容は、担当医には言いづらい人間関係の悩みそして不安、精神的苦痛を打ち明ける人も多いという。

日々、多くのがん患者と向き合っている樋野氏に、「死ぬ時に後悔しないために、20代のうちにやっておくべきこと」を聞いた。f:id:k_kushida:20151214173757j:plain

樋野興夫氏 順天堂大学医学部教授がん哲学外来理事長

プロフィール

1954年、島根県生まれ。医学博士。順天堂大学医学部、病理・腫瘍学教授。一般社団法人がん哲学外来理事長。米国アインシュタイン医科大学肝臓研究センター、米国フォクスチェースがんセンター、癌研究会・癌研究所実験病理部部長を経て現職。2008年、「がん哲学外来」を開設。肝がん、腎がんの研究での功績が認められ日本癌学会奨励賞、高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞

自分の役割を知ると、人は幸せになれる

人には必ず“役割”があるんです。後悔しない生き方をするためには、まずこのことを知っておかねばなりません。こういう話をすると、「自分にも役割があるのだろうか」と、疑問に思う若い人が多いのですが、どんな人にも必ず役割はあります。病気で寝ている人にも役割があるし、幼くして亡くなってしまう人にも役割はある。

生後2時間で赤ん坊を亡くしたご夫婦がいらっしゃいました。その方々と10年後に会う機会がありましてね。そのときそのご夫婦は「あの子が生まれてきたから、今の私たちがあるんです。あの子の分も楽しく素敵な人生を送りたいと思っています」と私に話してくれました。どんなに短い人生でも生きている限りは一人ひとりに役割があるんですね。大事なことは、それに気づけるかどうかです。

「どんな人にも役割がある」ということが理解できると、人は幸せになれます。世の中で一番大切なものは何かと聞かれた時、多くの人は「自分の命」と答えるでしょう。でも、そう考えると、死がネガティブ(命の敵)なものになってしまい、死におびえて生きることになる。ですから、「自分の命より大切なものがある」と思ったほうが、幸せな人生を送れるんです。その「自分の命より大切なもの」というのが、「役割」なんです。

「この人は素晴らしい」と思った人が勧めた本は、必ず読むこと

f:id:k_kushida:20151215173602j:plain

では、自分の役割はどうやったら見つかるのでしょうか。それは、「出会い」によって知ることができます。いい先生、いい友達、いい本。この3人の師が生きる上で大切なことを教えてくれます。もし、いい先生に出会えなくても、いい友達と出会うことはできます。もし、いい友達とも出会えなかったとしても、いい本と出会うことはできます。本は一人でも読めます。つまり、誰でもいい師と出会えるということです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。