体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【スウェーデンの名機】ガソリンストーブの定番OPTIMUS 123R SVEA(スベア)を使いまくる!

ガソリンストーブの定番OPTIMUS 123R SVEA(スベア)

近年のアウトドアブームもちょっと落ち着いた感はありますが、逆に言えばすでに趣味として定着したと言っても過言ではないでしょう。一口にアウトドアと言ってもキャンプなどのレジャーから登山、ハイキング、釣りなども含まれます。
それらに「どんな価値を見出せるのか?」と言うのは実際に体験しないと理解出来ないと思いますが、そんなに深く考えないでも外(野外)に出て何かをすれば良いのです。そして人それぞれにアウトドアの目的は違うでしょうが「非日常を楽しむ」と言うのは多かれ少なかれ、皆がアウトドアを楽しむ理由のひとつでしょう。

そこで、今回はその「非日常」と言うか「特別な時間」を演出するアイテムを紹介します。それが通称「123R」や「スベア」と呼ばれるストーブです。ストーブと言うと「暖房」をイメージされるでしょうが、アウトドアで言うストーブは調理器具。いわゆる「コンロ」と理解して頂ければ間違いないです。
目的やスタイルによって「アルコール、灯油、ガソリン、ホワイトガソリン、ガス(OD缶)、ガス(CD缶)、炭等」の燃料を使うストーブが有ります。
大きく分けると液体燃料を使う「液燃」とガス系、炭や固形燃料で分かれますが、今回オススメする「123R」はホワイトガソリンを使うタイプです。
ちなみにガソリンと言ってもガソリンスタンドでは取り扱っている店舗が少ないので、入手しようと思った場合はアウトドア用品の店か工具などを売っているホームセンターなどで買う必要があります。

ここで「CD缶(カセットガスコンロ用)ならどこでも売ってるじゃん?」と思われる方もいるでしょう。確かにアウトドアでカセットコンロを使っても「調理」と言う目的は達成出来ますが、カセットコンロも持ち出して調理しても「普段の生活感」から抜ける事が出来ず「実用性」はあるけどロマンはないので却下します。
例えば、コーヒーを飲んだりカップラーメンの湯を沸かす……ただそれだけでも「場所と道具」が変われば「特別な時間」に成り得る。そこがアウトドアの醍醐味なのです。
なので、今回はあえて「ちょっと面倒くさい」と言える不便?なアイテムをイチオシするのです。

まず「スベア123R」の何が面倒かを説明すると「プレヒート」と呼ばれる予熱と言うか暖機運転のような作業が必要だからに尽きるでしょう。(写真は固形燃料でプレヒート中のスベアさん)

ガソリンストーブの定番OPTIMUS 123R SVEA(スベア)

これはスベアの密閉された燃料タンク内のガソリンを「気化させる」為に行います。
ガソリンを燃やすと言っても液体のまま燃焼させる訳ではなく、圧力を高めて気化したガソリンを空気と混合して燃焼させるのです。文章で書くとちょっと難しいのですが……気化させたガソリンを空気と混合して燃焼させる事で火力を大きくする事が出来るって感じですかね?
こう書くと車のキャブレター並に面倒な機械を想像しますが、スベアは実にシンプルな作りで、特に面倒なメンテナンスはさほど必要ではありません。密閉された燃料タンクが加熱されて暖まり、気化したガソリンが細いノズル(バルブ)を通って火口から出る。それだけの構造なのです。
ちなみにスベアは最初に作られてから改良を加えられ「100年以上」も世界中で使われています。シンプルで故障しにくく小さいのに高火力で耐久性もあり長く使える。実用性と「ちょっとオシャレな外観」を兼ね備えているので、今でも世界中のアウトドアマンに人気があるストーブです。

そしてプレヒート作業に話を戻しますと。
燃料タンクの窪んだ箇所にガソリンを垂らして点火し「直火で温める」と言う方法が一般的です。「ガソリンの詰まったタンクを燃やす」となると危険な気がしますが、かなり無茶して長時間燃やさなければタンクは爆発しません。それにタンクにも安全弁が付いているので高圧になり過ぎると自動的に圧力が解放されるので爆発には至らないのです。もっとも解放された気体は「ホワイトガソリン」なので要注意ですけどね(火災の危険のない屋外でスベアを使いましょう)

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。