ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本一の「BONSAI」イベント 盆栽デビューしたい人集まれ! 滋賀・長浜で開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「盆栽」というと、中高年の趣味というイメージがいまだ根強いジャンル。しかし、その盆栽、海外では「BONSAI」として広く親しまれています。
日本、そして世界の盆栽が一堂に集まるイベント「長浜盆梅展」が、滋賀県長浜市の慶雲館で開催されます。昭和27年(1952年)から始まり、今回でなんと65回目。純和風の空間に、高さ3メートルもある巨木、樹齢400余年の古木などが登場し、歴史と規模ともに日本一の盆栽イベントです。
会場には、常時およそ90もの梅の盆栽の鉢が展示されます。1年を通して育成管理される約300鉢の盆栽から、期間中に見ごろを迎える鉢が入れ替わり披露されるのは見もの。毎年足しげく通う盆栽ファンも多くいます。
そして、期間中には「夜間ライトアップ」が行われます。日中とガラリと変わる、ライトアップされた幻想的な盆梅と庭園は必見。毎年人気の「長浜盆梅展フォトンテスト」への作品づくりにもおすすめです。 ※夜間ライトアップは 2月6日~3月6日の土日祝、2月12日
自分で盆栽を育ててみたいビギナー向けには、「盆栽の育て方教室」も。会場で展示されている長浜の盆梅を管理する専門家が、家庭での育て方をわかりやすくレクチャーしてくれます。毎週金曜日(1月22日を除く)。料金1,000円(盆梅展観覧料含む、1週間前までに要予約)
さらに、「梅酒」好きにはたまらないイベントも。日本でただ1人、梅酒ソムリエの金谷優氏が自ら厳選した約50種類の梅酒を自由に試飲できる「長浜梅酒祭り」が1月30・31日、2月6・7日にあります。1,000円(長浜鉄道スクエア入館料含む、当日受付)
長浜盆梅展の開催期間は、2016年1月9日から3月13日まで。大人500円、小中学生200円。詳しくは公式ホームページにて。


第65回 長浜盆梅展http://kitabiwako.jp/bonbai/

【Nicheee!編集部のイチオシ】
・将棋の王将を「王」と「玉」に変えたのは、あの武将だった!?
・日本一「紙のまち」発 書道の甲子園と豪華絢爛「水引」アート
・【愛媛最新レポ】 超エコ!今治タオル製の「祝儀袋」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP