ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カレー屋がサイトのドメイン期限切れで業者に取られる失態! 例の如く世界一有名な金髪ネーチャンが登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


カレー屋がサイトのドメインを期限切れにしてしまい、ほかの業者に取られてしまうという失態を犯してしまった。そのカレー屋とはガジェット通信でも度々紹介している『マンモスカレー』だ。元々のウェブサイトのドメインは“http://www.1kgcurry.com”だったのだが、7月18日から始まるイベントで忙しかったらしくドメインの更新を怠ってしまったという。

現在“http://www.1kgcurry.com”にアクセスすると世界で最も有名なパツキンチャンネーが登場するだけで、『マンモスカレー』のサイトに行くことはできない。新たなマンモスカレーのドメインは“http://www.1kgcurry.net”となる。

『マンモスカレー』のサイトにも「ホームページURLの変更につきまして【お詫びとお知らせ】」が掲載されており「この度、当店代表の『うっかりミス』により、ドメイン『1kgcurry.com』を失効していたことが判明いたしました」と書かれている。うっかりしすぎ!

このままドメインが失効になると、使われていたメールアドレスも変更されるはず。『マンモスカレー』宛にメールを送ったらエラーメールが返って来たという方はドメインを「.net」に変えて再度送り直してみよう。公式サイトには代表の土下座写真が掲載されている。

『マンモスカレー』は7月18日から面白いキャンペーンが開始されている。その内容はAKIBA店にフィギュアを彼女(彼氏)と言い張って連れて行くと、ドリンク1杯が無料になるというもの。更に「ガジェット通信みたでヤンス!」って言うと温泉卵が1個無料になる。このサービスの準備に没頭していたためドメインの更新を忘れてしまったとか……。

数年後には“http://www.1kgcurry.to”とかになってそうだなあ……。

旧ドメイン:http://www.1kgcurry.com
新ドメイン:http://www.1kgcurry.net

マンモスカレー公式サイト

※この記事はガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP