ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Googleが自社サービス専用の短縮URLに『g.co』ドメインを取得

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Googleオフィシャル短縮URL『g.co』

『Twitter』など、入力可能な文字数が少ないサービスを利用するときに便利な短縮URL。しかし、一方でフィッシング詐欺などに悪用されることもあり、オリジナルURLよりもクリック率が落ちるという調査結果も出ています。このような背景を受けて、近ごろでは自社サービス専用の短縮URLを用意する企業も多くなっているのですが、Googleもまた自社サービス専用の短縮URL『g.co』ドメインを取得したと発表しました。

Google url shortener『goo.gl』

Googleは、短縮URLサービス『Google url shortner(goo.gl)』を提供していますが、今回新たに取得した『g.co』はGoogleのサービスや製品サイト専用のドメイン。これにより、『g.co』の短縮URLはGoogleオフィシャルサービスのURLであることが保証され、ユーザーは安心してクリックすることができるというわけです。

「.co」は、コロンビアの国別トップレベルドメイン名(ccTLD)で、すでに飽和状態にあ「.com」などのドメインに代わって、新サービスに採用されることが多くなりました。また、『Twitter』が「t.co」を取得するなど、サービスの頭文字などを用いる1文字ドメインを取得する企業も増えています。

Googleは、今後も『goo.gl』を一般向けの短縮URLサービスとして提供すると発表しています。

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。