ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ピポトレ】たった2分で腰痛を解消 強くしなやかな腰を作るトレーニング

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


3分以内×100円でデスクワーカーの体をほぐす『ピポトレ』第2回のテーマは腰痛です。パソコンの前に一日中座っていると、いつしか姿勢が悪くなり腰に負担をかけてしまいがち。ジムに通う時間(とお金)もなくて、腰をバキバキ言わせている人も多いと思います。そんなあなたにピッタリ、毎日たった2分で腰痛とサヨナラできるトレーニングを紹介します。

まず、両腕を肩の高さまで持ち上げて、両手の指先をあごの前あたりにつけます。足は肩幅に開き、ゆっくりと上半身を右側にねじります。膝を曲げないように注意してください。

これ以上無理!というところまで腰をねじったらそこで20秒静止。左膝付近、左の太股の後ろ側からお尻、そして右上腕部のあたりの筋肉が伸びます。この右上腕部の伸びは、腰痛を治すことに直接関係ありませんが、腕を持ちあげることで「もうひとふんばり」が効いて、腰付近の筋肉の伸びが良くなるそうです。

20秒たったら、そのままで顔だけをゆっくりと正面に戻してさらに20秒静止。そうすることで、またぐっと筋肉の伸びる範囲が広がります。これを左右2回ずつ繰り返してください。たった2分間のトレーニングですが、腰のあたりがすっきりと楽になります。毎日一回以上(理想は3回)、なるべく長く続けてみてください。

要するに、コリというのは筋肉を使わないことで起きるもの。使っていない筋肉にほどよい刺激を与えてコリをほぐすと同時にコリにくい身体が作られるのだそうです。このトレーニングは、続けていると野球やテニス、ゴルフのスイングスピードがあがるという効果もあるそうですよ。

ところで、女子ならご存知の方も多いかと思うのですが、ウエストのシェイプアップ体操にちょっと似ている気がするのですが、もしかしてウエストのサイズダウンも期待できるかも? ピポサワ博士に質問すると、「うーん、期待はできますけど……過大な期待はちょっと(笑)」とのこと。腰痛が解消してくびれたウエストがおまけについてくるといいんですけどね!

<注意することまとめ>
・腕を肩の高さにキープしたまま腰をねじる
・無理に腰をねじりすぎない(痛みを感じたらそこでストップ)

<今回のトレーニングレシピ>
トレーニング道具:なし
トレーニング費:0円
トレーニング時間:約2分間
 
ピポサワ博士(宮崎 要輔)プロフィール
トレーニング整体師。「ほめる、しかるではなく“感動”させる」「できる人の“できる感覚”をできない人に翻訳する学びあい」などの教育理論を13年以上かけて熟成し、独自のスポーツ科学理論によってあらゆる年齢層を対象に整体トレーニング指導を行っている。ピポサワ式トレーニングでは、ふだんの日常生活が自然とトレーニングになるオリジナルの運動メニューを約2000種類用意。「いつでもどこでも誰にでも楽しめて効果がある」と京都を中心にファン急増中である。
http://www.facebook.com/piposawa

いままでの『ピポトレ』
100円×3分で肩コリしない身体をつくる バドミントンラケット編(1)[LINK]

モデル協力:にんにん(鴨川ウォーキング大学)

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP