ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【全米年間シングル・チャート】マーク・ロンソン「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」がエド・シーランやウィズ・カリファを抑え首位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年の年間シングル・チャートは、マーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」が堂々の首位に輝いた。

 1月17日付HOT100チャートから、通算14週にわたって首位をマークし続けた「アップタウン・ファンク」。その後も圏外にダウンすることなく、1年間TOP40内にランクインし続け、2016年1週目のチャートでは再び息を吹き返し、24位に再浮上、通算54週という驚異的なロングヒットを記録している。以下、2位との差は歴然といったところで、この曲に至っては、断トツの首位獲得だったといえるだろう。6曲のNo.1ソングを誇るブルーノ・マーズにとっても、自身最大のヒット曲となった。

 2位には、エド・シーランの「シンキング・アウト・ラウド」がランクイン。首位獲得はならなかったものの、最高位2位をマークし、60週にせまる超ロングヒットを記録。2月に開催された、第57回グラミー賞の年間最優秀アルバムにノミネートされたことを受け、一気に注目が高まり、大ヒットを記録した。この曲が収録されているアルバム『x(マルティプライ)』も、年間アルバムチャート同2位をマークし、アルバムからは「フォトグラフ」が34位、「ドント」が92位にランクインしている。

 通算12週の首位をマークしたウィズ・カリファ「シー・ユー・アゲイン(feat. チャーリー・プース)」は、惜しくも3位に。映画『ワイルド・スピード スカイミッション』に起用されたこの曲、撮影中に自動車事故で死去したポール・ウォーカーの追悼ソングとして注目が集まり、ビデオのリリースから1週間で3000万回視聴回数を記録する大ヒットに至った。フックを歌う新星チャーリー・プースもこの曲で注目が集まり、ソロ・シングル「マーヴィン・ゲイ」が年間チャート75位にランクインを果たしている。「シー・ユー・アゲイン」は、R&Bチャートで年間首位に輝いている。

 4位には、今年のラップ・シーンで最も飛躍した新星ラッパー、フェティ・ワップの「トラップ・クイーン」がランクインした。この曲もエド・シーラン同様、首位獲得は果たしていないが(最高位2位)、通算43週のランクイン、そしてTOP10内には25週という驚異的な記録をたたき出し、年間チャートでも4位まで到達した。フェティ・ワップは、この曲に続いて「679」、「マイ・ウェイ」と3曲連続でTOP10入りを果たし、デビューアルバム『フェティ・ワップ』は、デビュー作にして初のNo.1獲得を記録している。

 5位には、年間チャート常連の、マルーン5の「シュガー」がランクイン。2004年の「ディス・ラブ」、2012年の「ペイフォン feat.ウィズ・カリファ」でマークした年間4位に続く高順位で、この3曲の他には、2011年の「ムーヴス・ライク・ジャガー feat. クリスティーナ・アギレラ」が9位にランクインを果たしている。「シュガー」が収録された5thアルバム『V』も、年間アルバムチャート6位にランクインし、アルバムからは、「アニマルズ」が年間チャート46位にランクインした。

 春から通算50週を超えるロングヒットを記録した、オハイオ州出身のポップバンド、ウォーク・ザ・ムーンの「シャット・アップ・アンド・ダンス」は、年間6位と大健闘した。今年のサマーソニックにも出演し、会場を沸かせた彼ら。最高位4位とTOP3入りしていないにもかかわらず、初夏から17週にわたりTOP10にランクインし続け、ロック・チャートでは、22週の首位をマークする大ヒットに至り、歴代記録を更新した。

 昨年(2014)とのチャート集計割れが響いてか、ビデオの視聴回数が歴代最高を記録した、テイラー・スウィフトの「ブランク・スペース」は7位に留まった。テイラーは「シェイク・イット・オフ~きにしてなんかいられないっ!!」が18位にランクインしているが、この曲も昨年のチャート集計割れが生じ、TOP10入りには至らなかった。2014年の年間チャートでは13位と高順位をマークしていて、集計割れがなければ、今年の年間チャートTOP3入りは間違いなかっただろう。そのほかには、「バッド・ブラッド」が15位に、「スタイル」が29位、「ワイルデスト・ドリームス」が57位にランクイン。この5曲が収録されたアルバム『1989』は堂々の年間チャート首位に輝いた。

 ラップ界からは、フェティ・ワップに続いてサイレントの「ウォッチ・ミー」が8位にランクインを果たした。“#WatchMeDanceOn”とハッシュタグを付けて、ダンスを披露するカヴァー動画が大ブレイクし、公式サイトでは通算再生回数4億回を突破する記録を打ち出した。今年からチャートに組み込まれた「動画視聴回数」のポイントを受けてヒットするナンバーが目立った今年のシングル・チャート、この曲はその“視聴回数”を受けたヒットの代表格といえる。

 9位、10位、そして12位と上位に3曲を送り込んだのは、今年最もブレイクしたアーティスト、ザ・ウィークエンドだ。初の首位獲得となった「キャント・フィール・マイ・フェイス」が12位、通算6週のNo.1をマークした「ザ・ヒルズ」が10位に、そして映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の挿入歌としてリリースされた、「アーンド・イット」は最高位3位にもかかわらず、ロングヒットを記録して年間9位と大健闘した。この3曲が収録されたアルバム『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』は、通算3週間の首位をマークし、秋にリリースされたにもかかわらず、年間チャートでは13位にランクインしている。

 映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』からは、エリー・ゴールディングの「ラヴ・ミー・ライク・ユー・ドゥ」が13位にランクインし、大ヒットを記録。エリーの他にも、レイチェル・プラッテンの「ファイト・ソング」が20位、メーガン・トレイナーの「リップス・アー・ムーヴィン」は22位に、セレーナ・ゴメスの「グッド・フォー・ユー(feat. エイサップ・ロッキー)」が27位にランクインするなど、若手女性ソロシンガーたちが、大躍進した1年でもある。

 また、26位にランクインした、サム・スミスの「アイム・ノット・ジ・オンリー・ワン」、14位のホージア「テイク・ミー・トゥ・チャーチ」など、グラミー賞の効果を受けてヒットしたナンバーも目立つ。エド・シーランやメーガン・トレイナーが多数ランクインを果たしているのも、グラミー賞の効果によるものだ。

 音の傾向としては、近年主流であったEDMなどのデジタル音、ハウスビートなどは影を潜め、生音重視のサウンドや、90年代を彷彿させる、ファンクやヒップホップを取り入れた、スロウ~ミディアムの、バウンス系サウンドがヒットしている。

 11月いっぱいで集計が終了した2015年の年間チャートだが、集計たった2週分だけで、35位にランクインを果たしたアデルの「ハロー」は、HOT100チャートの歴史をみても、驚異的いえる。残念ながら2016年分と集計が割れてしまったが、現在も首位を独走している「ハロー」が、来年の年間チャートでは何位に食い込むか、楽しみなところだ。

Text: 本家 一成

関連記事リンク(外部サイト)

2015全米ビルボード年間チャート Billboard Hot100
2015全米ビルボード年間チャート The Billboard 200
【全米年間アルバム・チャート】テイラー・スウィフト『1989』が堂々の1位

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP