体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【B級グルメ】富士宮市民が絶賛する最強の富士宮やきそばを食べてきた! 感動のウマさ!

01_IMG_1670

静岡県富士宮市には、『富士宮焼きそば』というB級グルメがあるのをご存知でしょうか。
B級グルメ日本一を決める『B-1グランプリ』の第1回・第2回大会で連覇したこともあり、知っているという方もきっと多いことでしょう。

富士宮市で最強と呼ばれる富士宮やきそばを食べてきた!

先日、とある仕事で富士宮市に1泊2日で行ってきました。
やはり、富士宮市といえば富士宮やきそば。
今までに高速道路のサービスエリアや、屋台などで食べたことはありますが、本場では食べたことはありません。
これはせっかくなので、本場で本当にウマい富士宮やきそばを食べたいところですよね!

ところが、富士宮駅の周辺には「富士宮やきそば」ののぼりを掲げる店がたくさん立ち並んでいました。
この中から本当にウマい店を直感だけで探すのは至難の業…。

そこで、宿泊先のスタッフさん数名に話を聞いてみたところ、なんと全員が同じ店を教えてくれました!

『鉄板焼 ちゃん』の富士宮やきそばが最強らしい

02_IMG_1681

スタッフが口を揃えて最強だと語ったのは『鉄板焼 ちゃん』というお店。
富士宮駅から徒歩3分くらいという、アクセスの良い場所にありました。
早速お店の中に入ってみることにします!

店内は普通のお好み焼き屋スタイル

店の中はテーブルがいくつかあり、そのテーブルの中央には大きな鉄板が埋め込まれた、いわゆる普通のお好み焼き屋スタイルです。
最強の富士宮やきそばとだけ聞いて来てみましたが、自分で調理するのでしょうか?
それだとできたては食べられても、調理する人の腕にも左右されてしまいそうですが…。

富士宮やきそばのバリエーションが豊富!

03_IMG_1674

メニューを見てみると、なんといろいろな種類の富士宮やきそばが用意されていました。
「ガーリック」「ナポリタン」などの変化球も非常にそそられますが、ここは我慢して正統派で攻めることを決意。
ミックス富士宮やきそばを注文してみました。

最強の富士宮やきそば登場!ちゃんと調理してくれてた!

04_IMG_1671

すると、ほどなくしてミックス富士宮やきそばが運ばれてきました!
鉄板で焼くのではなく、きちんと調理して持ってきてくれたのでひと安心。
普段なら自分で焼くのも良いですが、今日ばかりは完璧に調理してもらったものを食べたいですからね!

05_IMG_1673

運ばれてきた焼きそばを細かく見てみると…ありましたありました。肉かすが。
これこそが富士宮やきそばの代名詞とも言える具なのです。

富士宮やきそばの定義は3つあるらしく、

・専用の麺を使用する
・肉かすを使用する
・仕上げに削り粉を振りかける

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。