体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ほとんど空気を汚さない!? フィリップ モリス加熱式たばこ『iQOS』の試験結果発表

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フィリップ モリス ジャパンが世界に先駆けて2015年9月1日から日本で発売している加熱式たばこ『iQOS(アイコス)』。「火を使わない」「灰が出ない」「ニオイが少ない」「たばこ葉本来の味わいを得ることができる」という特徴があり、従来のたばこと同じ味覚や満足感を味わうことができる新時代のたばことして注目されています。ガジェット通信でのレポートにもかなりの反響があり、多くの喫煙者にとっては気になる存在といえそう。

参考記事:
煙が出ずにニオイもつかない! フィリップ モリスの加熱式たばこ『iQOS』を試してみた
http://getnews.jp/archives/1113473 [リンク]

しかし、ほんとうに空気を汚さないのか……。そういった一抹の不安に対してのひとつの回答として、『iQOS』を使用した際に屋内の空気の汚れに関しての試験結果が発表されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現在、12都道府県の約3万1000店舗で発売している『iQOS』。来年度には日本全国での展開を目指しています。従来型の紙巻たばこが800℃以上の温度になり燃やすことで有害性成分を発生させるのに対し、『iQOS』は燃やさず熱することで、ほとんどその発生を抑えるといいます。

紙巻たばこのリスクが認知される中でも、世界で10億人以上が喫煙を続けるという中、フィリップ モリスでは喫煙よりもリスクの低い新たな選択肢を提供するという「たばこハームリダクション」というコンセプトのもと、長年にわたり「リスクを低減する可能性がある製品(RRP)」の研究開発を続けており、その最初の製品が『iQOS』になります。

フィリップ モリス ジャパンのサイエンス担当マネージャー・飯田朋子氏は「疫学的な疾病リスクは時間とともに上がっていきます。それを紙巻たばこからRRPへ切り替えることにより、禁煙の状態に近づけていく研究を続けています」といい、製薬会社と同じアプローチでRRPの研究開発を行っていると強調します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015年12月3日・4日に沖縄で開かれた室内環境学会学術大会に合わせて発表されたという『iQOS』を使用した際の屋内空気環境の試験結果については、フィリップ モリス インターナショナルの屋内環境試験担当マネージャーを務めるキャサリン・ゴウジョン氏が披露。

試験はスイスの研究室に用意された部屋で実施し、非喫煙者・『iQOS』使用者・紙巻きたばこ使用者の3グループが同じ条件で5時間その部屋で過ごして、屋内の空気の変化を測定しています。

まず、窒素酸化物の濃度は、紙巻きたばこの場合は吸ったタイミングでピークが発生していますが、『iQOS』の方は何も使用していない時と区別ができないという結果になっています。『iQOS』を吸った場合でも口などから吹く蒸気が出ますが、そこに窒素酸化物はほとんど出ていないことになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。