ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「ベルセルク」三浦建太郎がGACKTにメッセージ ボカロ楽曲CD化は「不思議で素敵な瞬間」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
漫画家の三浦建太郎さんのメッセージがニコ生で読み上げられた

 39枚目のシングルCDをリリースした歌手のGACKTさんが2011年7月15日、ニコニコ生放送「木曜ニコラジ」に出演。漫画「ベルセルク」の作者として知られる三浦建太郎さんのメッセージが読み上げられ、「心の友だ」と感激する一幕があった。

 GACKTさんが7月13日にリリースした39thシングル「Episode.0」は、ボーカロイド「がくっぽいど」を使って制作された楽曲のコンテストで、GACKTさん自身の選考によりグランプリに選ばれた作品だ。同シングル初回限定版のジャケットに描かれているボーカロイド「がくっぽいど」のキャラクターイラストは、漫画家の三浦建太郎さんが手がけている。

 番組では、その三浦さんからGACKTさん宛にメールが届き、MCを務めていたやまだひさしさんにより読み上げられる一幕があった。三浦さんは、

「ニコ動ができてから5年。始まった頃は荒削りではありましたが、なにか今までに無かったものが生まれていると、日々マイリスが増殖していくことにワクワクしたものです。プロ、アマ、一次制作者、二次制作者、よってたかって何かを生み出す様。これは文化という範疇におさまるかどうかはわかりませんが、とにかくエキサイティングでした」

とニコニコ動画に言及。その上で、自身がキャラクターイラストを手がけたボーカロイド「がくっぽいど」について語った。

「中でもボーカロイドというジャンル。大きな屋台骨あることは間違いありません。GACKTさんの声から生まれ、僭越ながら私が姿を与えた『がくぽ』(=ボーカロイド「がくっぽいど」のキャラクター)が様々な人に言霊や新たな息吹を与えられ、広がった波紋が跳ね返るように原点のGACKTさんの声に帰ってくる。不思議で素敵な瞬間だと思っています」

とGACKTさんの声をもとに作られた「がくっぽいど」から生まれた楽曲が、再びGACKTさん自身のもとに帰り、CD化されることを「不思議で素敵な瞬間」だと表現した。三浦さんは最後に、

「現在も私のマイリスは日々増殖しております。一プレミアム会員(笑)として、これからもニコ動が活力あるカオスであり続けることを望んでおります」

と結んだ。これに対しGACKTさんは三浦さんのことを「心の友だ」と感動。MCのやまださんは、「GACKTさんの周りに集まる人たちは、ただ好き同士だけでなく、みんなお互いにリスペクト(尊敬)し合って、常に真剣勝負している」と感想を口にしていた。

(丹羽一臣)

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]三浦建太郎先生からGACKTさんへのメールから視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv52806248?po=news&ref=news#41:06

【関連記事】
「未完成のボカロ曲が完成した」 かにみそP、GACKT本人によるCD化への思い
「魂を感じて圧倒」 ボカロP制作のGACKT新譜カップリング曲
GACKT、ボーカロイドを語る「新しいクリエイターたちが表舞台に出てきた」
「こんな時だからこそ、笑ってくれ」 笑顔になれるエピソードでGACKTと”ニコ電”
火事に2回あっても「お前は不幸じゃないよ」 GACKTが「ニコ電」で不幸話を聞く

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。