ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

某焼肉店で『ビーフカツカレー』を注文した結果… @『焼肉はせ川』小田急相模原

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

もしも「好きな食べ物をひとつだけ挙げろ」と言われたら悩んでしまう筆者ですが

「好きな店を一軒だけ挙げろ」

と言われたら、間違いなく『焼肉はせ川』を選ぶ筆者で御座います。

若干、超絶完全予約制とか電話繋がらないとか予約が取れない等の壁がありますが、圧倒的なボリュームと絶対的なコストパフォーマンスと”謎なサイドメニューの数々”で多くの人を魅了する小田急相模原の名店です。

そんな『焼肉はせ川』が、またまたヤッてくれたのでレポートしてみましょう。

まずは国産高級和牛を食べるべし!

豊富なサイドメニューも『焼肉はせ川』の魅力のひとつですが、やはり最初は純粋に”焼肉”をエンジョイしましょう。

筆者的には見慣れた光景ですが、やはり『焼肉はせ川』の肉は半端ないですね。

この綺麗なサシとステーキのような厚さとボリュームで”1580円”なのですから、肉好きには堪りません。

上牛タン(980円)も素晴らしいですね。この厚さ(5~6mm)で食べる牛タンが一番美味しいと思います。

肉好きの人にはコチラの『柔らかハラミ』も超イチオシで御座います。普通の焼肉店の2倍のボリュームでお値段は650円とお値打ち価格になっています。

さらに『ジャパニーズドライエイジングビーフ』(子牛のヒレ肉の昆布締め)が1280円とか神ですか?

ドライエージングにより熟成が進んだフィレ(ヒレ肉)は生ハムのような色になっています。

こういう肉を庶民的な価格でサラっと出して来る『焼肉はせ川』は、まさに相模原が誇る名店です。

『本わさび』や『辛み大根』もイチオシ!

そして!

国産高級和牛はサシと言うか脂も多いので、シンプルに食べたい時は『本わさび』(1本500円)や『辛み大根』(100円)も良いですね。

『本わさび』は脂と混ざると辛さが飛ぶので、意外と肉の風味を引き立ててくれます。『辛み大根』は常に置いてある訳ではないので、この日は『辛み大根』をチョイスしました。

美味しい脂の和牛を『辛み大根』でサッパリ食べるのも、なかなかオツなものですね。これが大人の焼肉って奴でしょうか?

『焼肉はせ川』の癒しアイテム

人によって何に安らぎを求めるかは千差万別ですが、筆者の場合は『ポテトサラダ』(100円)に癒されます。

大抵の場合、二種類のポテトサラダが盛ってあるので、味的にも飽きる事がありません。

ジンジャーエールだけでは、やや口の中が脂っぽくなるので、何かしらのアイテムで”脂を切る”と言うのは、国産高級和牛を食べ続ける為には必要な行為かと存じます。

また『焼肉はせ川』にしては、比較的少な目ですが、居酒屋さんとかのソレと比べると2倍くらいのボリュームはあります。

『ブラジリアンソーセージ』も必食である!

前回、個人的に食べてみたかったメニュー『ブラジリアンソーセージ』(40cm)ですが、パーティーの体調を考え見送ってみました。

しかし!

今回は『ブラジリアンソーセージ』にターゲットを絞ってやって来たので行かせて頂きます。

ちなみに今回は5cmUPして45cmに成長している模様…

ちょっとした不安は有りますが、まあ序盤に攻めておけば攻略出来るんじゃないでしょうか?

ちなみにコチラのソーセージ、その大きさが注目されがちなネタメニューと思われがちですが、何気にソーセージとしての美味しさもピカイチだったりします。

『焼肉はせ川』が始まった

そして、いよいよ始まりました。

ココからが『焼肉はせ川』のターンで御座います。

『ブラジリアンソーセージ』(45cm)をオーダーすると、色々なモノが運ばれて来ました。これは祭の予感です…

まずは主役の『ブラジリアンソーセージ』を七輪で焼きます。最初はアルミホイルに入れたまま焼いて、最後に直に七輪で炙って焼き目を入れます。

この時、かなりの脂が落ちて燃えやすいので注意しましょう。

こうして七輪で炙る事で、スモーキーさとバリっとした皮の食感を出します。次に空いているスペースでホイルに包まれたパンを地味に焼きます。

完成したのが、コチラのホットドッグ的な何かです。

丸めて焼いたのでソーセージがビンビンに反ってしまい”名古屋城の鯱(しゃちほこ)”的な何かになっていますが、見た目はまさにホットドッグですね。

付属のザワークラウトやピクルスも一緒に挟んでケチャップとマスタードで仕上げます。

パンがフランスパンなので、いまいち大きさが伝わりにくいのですが、これは4人くらいで食べると丁度良いかもです。

お味の方は、そこら辺のショボいホットドッグよりも10倍美味しいと言っておきましょう。

スパイスとハーブをふんだんに使った『ブラジリアンソーセージ』とフランスパンの香ばしさ、ピクルスやザワークラウトの酸味とケチャップの甘さ、マスタードの辛さが一体となった至高のメニューかと存じます。

間違いない旨さ『馬の握り寿司』

最近の定番になりつつある馬刺しを使った握り寿司も、やはりイチオシなメニューです。

霜降りの馬刺しとシャリの相性は抜群で、馬肉を食べた事が無い人には是非とも食べて頂きたいと思います。

馬肉に対する考えが変わる事、間違いなしです。

そして、この日もガリの替わりに”マグロのハラミ”がさりげなく添えられていました。これが『焼肉はせ川』の”サービスサービス”の精神です。

『ビーフカツカレー』を所望する!

そして、最近の筆者のマイブームであるカレーも美味しい『焼肉はせ川』ですが、この日は

『ビーフカツカレー』(1280円)

がありました。これはカツカレーマニア的には絶対にスルー出来ない案件です。例えパーティーが全滅しても悔いはありません。

まず、そもそもが焼肉屋でカレーとか、ちょっと意味不明な感じですが、この『焼肉はせ川』でカレーを食べた事が無いと言うのは、如何なものかと存じます。

店主が作る本格的なカレーは、そこら辺のカレーよりも美味しいと言っておきましょう。

そんな『焼肉はせ川』の定番メニューとも言えるカレーに、ビーフカツが乗るとか奇跡以外の何物でもありません。

ビーフカツがヤヴァイ!

やはり注目すべきは”ビーフカツ”でしょうか?

『焼肉はせ川』は豚(トンカツ)では無く牛(ビーフカツ)で攻めて来ました。何せA5とかA4の肉をバンバン出す『焼肉はせ川』の牛肉ですから期待出来ます。

作る所を見てみると、ステーキみたいな牛肉にパン粉をまぶしています。あんな高そうな牛肉を使って大丈夫なのでしょうか?

むしろ、あの肉だけで1280円くらいすると思うのですが、まあ『焼肉はせ川』なら問題ないと言う事で納得しましょう。

「ど~ですか~ このビーフカツの美しい断面は…」

豚と違って牛なので、とことんレアに仕上げる事が可能で御座います。

ぶっちゃけカレー抜きにして、このビーフカツだけで食べても良いくらいのインパクトがあります。

基本大盛り!応用メガ盛り!!

ちょっと引いて見ると、こんな感じの『ビーフカツカレー』で御座います。こんな光景も見慣れた筆者ですが、初めての人は度肝を抜かれるボリュームですね。

そもそもが、大抵のサイドメニューは2~4人前なので『焼肉はせ川』に訪れる時は4~6名くらいでパーティーを組まないと歯が立ちません。

さらに!

カレーの方も、この日は”ビーフカレー”になっていました。このカレーにも”牛スジ”が入っていて、非常に美味しいカレーに仕上がっています。

「スジ肉は出汁を取る為に入れた」(店主談)

と言っていましたが、牛スジから出るコラーゲン的な何かはカレーを濃厚に仕上げるだけでなく、具としても優秀で御座います。ビーフカレーに牛スジを使ってくる辺りがマニアックですね。

なので、これだけのデカ盛りカレーも、あっと言う間に完食で御座います。

「こんなに食べれない!」

と最初は誰もが言うのですが、いざ食べてみると想像の斜め上を行く美味しさなので、あっと言うまに食べ尽くされるから不思議です。

『焼肉はせ川』と言えばラーメン!ラーメン!!

『焼肉はせ川』で忘れていけないメニューと言えば、こちらのラーメンでしょうか?

カレーと並ぶ鉄板メニューで、その美味しさは多くのラーメンマニアを唸らせるレベルにあります。注意点としては

「ラーメンを頼むとラーメンが付いてくる」(上の写真)

と言う、ちょっと何を言ってるのか分かりかねる事態になるので、そこそこ”お腹が空いている状態”でラーメンをオーダーするのが良いでしょう。

ちなみにこの日も例によって前衛的なスタイルで豚骨ラーメンが登場しました。良く見るとチャーシューが耳、目がナルト、鼻が豚足になっています。

この日、どんだけのコラーゲンを摂取したのかは謎ですが、空気が乾燥する季節にテカテカになれるのは健康的で良いと思われます。

言うまでもなくラーメンとしての美味しさも抜群ですので、いつもラーメンを楽しみにしている筆者で御座います。

最後の締めは『イチゴサンド』

美味しいラーメンを食べたら、最後はデザートで締めましょう。

『焼肉はせ川』には色々なデザートが用意されていますが、この日は結構食べたので、比較的軽めなデザートを選びました。

一見、ただのイチゴと生クリームのサンドですが、この日は何気に生クリームが2種類で、イチゴ味の生クリームも楽しめました。

若干、重いメニューに思われますが、意外と甘さ控えめでイチゴの酸味と言うか風味が広がるデザートになっています。

クリスマスも近いので、微妙に”赤と白”みたいなクリスマスムードになって来ましたね。

『焼肉はせ川』 総評

常に「お客様を満足させる」と言う点に全力を尽くす『焼肉はせ川』ですが、この日も十分に堪能させて頂きました。

もっとも分かりやすい”満腹感”と言う幸せ係数もMAXですが、やはり『ブラジリアンソーセージ』や『ビーフカツカレー』などの美味しさが、大きな要素となっています。

特に『ビーフカツカレー』のビーフカツは、筆者の想い出として永遠に刻まれる美味しさだったと言っておきましょう。

それでは、是非みなさんも予約をしてから『焼肉はせ川』に訪れてみて下さい。

何度も言いますが”完全予約制”なので、どんだけ空席があっても予約無しでは入れないので、よろしくお願いします。

『焼肉はせ川』(完全予約制)

住所:神奈川県相模原市南区相模台4-11-6

営業時間 17:00~22:00
定休日:水曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP