体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

圧倒的な椎茸ヂカラ!名物『しいたけラーメン』を食す @『自由軒』神奈川県相模原市

siitake-1_R

世間から”相模原”と言うキーワードが薄れる前に、ちょいちょい”相模原”をブッこんでおこうと思う相模原市民の筆者ですが、何気に『自由軒』の『椎茸ラーメン』を書くのを忘れていた今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょう?

というわけで、「今頃かよ!」みたいな突っ込みを感じつつも、まだまだマイナーな相模原にある『自由軒』の『椎茸ラーメン』のレポートで御座います。

『自由軒』と言えば『しいたけラーメン』である!

jiyu-ten3_R

まず横浜の『自由軒』と言ってもピンと来ない人の方が多いのではないでしょうか?

むしろ『自由軒』と言えば大阪の”混ぜカレー”的な方を想像する人が多いかもしれません。

jiyu-ten2_R

まあ『自由軒』については過去記事を参照して頂くとして、今回は看板メニューの『しいたけラーメン』に注目です。

またもやボリューム満点!『しいたけラーメン』

siitake-6_R

いつも『自由軒』ではチャーハン系の”大盛り”ばかりオーダーしているのですが、この日は二軒目なので普通盛り、すなわちノーマルの『しいたけラーメン』をオーダーしてみました。

「普通盛りでコレって一体…」

すでに丼のフチ近くまで並々と”餡かけ”で覆われて、これ以上盛る余地は無いと思うのですが…

siitake-4_R

いわゆる横浜名物”サンマーメン”(もやし炒め餡かけラーメン)に”椎茸”が入ったバージョンと思って頂ければ幸いです。

ラーメンにおける椎茸(しいたけ)の存在感の是非

siitake-2_R

「まあ、こんなもんだろう」

みたいなのが筆者の第一印象でした。看板メニューだから記事的にオーダーしてみたものの、案の定”サンマーメン”的な何かで、さしてアピールする要素は無いぞと。

しかし!

良く見てみると、色々と突っ込みたくなる案件が盛り沢山な予感で御座います。

「椎茸… 入れ過ぎじゃね?」

椎茸と言うよりは”どんこ”と呼ぶのが相応しい、分厚い椎茸が大量に入っています。

椎茸が味のアクセントになると言うレベルじゃなく、むしろ

「椎茸味のラーメンを目指した」

と言っても過言ではありません。ここまで椎茸が主役の料理も珍しいですねって言うか、どんだけ椎茸好きなんだよって突っ込むべきでしょうか?

椎茸が病み付きになってきた

siitake-7_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy