ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もう露出計はいらない?!iPhoneにつけるだけ、スマホが高精度ライトセンサーに変身

DATE:
  • ガジェット通信を≫

美しい写真や動画を撮影するためには、周囲の光の環境、照明の設定が非常に重要になる。

スマートフォンで趣味の写真を撮ることが多い人、あるいは仕事で写真を撮影する人に、「Lumu Power」を紹介したい。

・スマホに取り付けるだけ、“光のレベル”を測定

「Lumu Power」はそんな“光のレベル”を測定する、スマートフォンに取り付けるライトメーターで、ライトニングコネクタに接続して使う。ライトメーター本体には、デュアルセンサーを搭載。専用アプリと連動して動作し、スマートフォンがたちまち有用な写真撮影のサポートツールに早変わりする。

一方には、色温度、ホワイトバランス、照度などを測定する計測器が、もう一方側には高速反応するシリコンフォトダイオードが設置されていて、こちらは露出、アンビエント、フラッシュライトをモニターする。

・精度は専用機器にも劣らない

その計測の精度は非常に高く、スマートフォンのアドオンツールにも関わらず、性能は専用の測定機器にも劣らない。

ただし、このデバイスはライトニングコネクタに接続するタイプなので、iPhone、iPod Touch、iPadなど、iOS専用となる点だけ留意したい。

写真家だけでなく、建築家が建築物の光の状態を計測したり、照明デザイナーがカラーの調整に用いるなど、さまざまな専門家にとってありがたいツールになりそうだ。

 

・Kickstarterで目標金額の5倍超の資金を集める

クラウドファンディングKickstarterで、12月31日まで出資を受付中の「Lumu Power」は、早くも目標金額3万ドルの5倍超の資金を集め、大きな注目を浴びている。

Lumu Power

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP