体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

椿の奇形と不安の種と

紺色のひと

今回はアサイさんのブログ『紺色のひと』からご寄稿いただきました。
※記事のすべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/128842をごらんください。

椿の奇形と不安の種と

「庭の椿の葉が奇形になっている、放射能の影響では?」という話題を『Twitter』経由で目にしました。
「元からそういう形の品種だったのを勘違いしているのでは」と思い、原因ありきの結果探しが生む不安の渦と、不安に対してできることについて考えてみました。

その椿、本当に“放射能による異常”でしょうか?

「椿が奇形かも」と気に病んでいる方の元記事から、該当部分を引用します。

最近庭や、室内の植物までも、奇形を見つけ、もう、これ以上何もないだろう。と、思っていたら、また、今朝、庭で ツヤツヤした椿の新芽が、異常な形に。

今年の春は、悲しい事に、チューリップも、薔薇も、観葉植物も、そして、椿も新芽が、異常になってしまいました。もう、これは、放射能汚染による異常にちがいありません。

「奇形の植物と3月21日の雨の関連性」2011年05月31日『アメコカ マイケル ”Twinkle Twinkle Little Star”』
http://blog.goo.ne.jp/kazudeko/e/14a1e66c92de4396289f58a1c7c49948

今年5月の記事です。写真を見ると、どうやら千葉県柏市で、椿の新芽から異様な形の葉が出てきた! ということのようです。放射能汚染による異常に違いない、と強く疑いを持っておいでなのがわかります。

また、新たに7月の記事では

我が家の椿は、他にもあるのですが、この椿の新芽の成長点だけが、変になりました。これは、低いフェンスを隔てたお隣の椿も、同様です。つまり、今年の春、種類の違う2種の椿の新芽が、この地点で、金魚葉になってしまいました。

「3カ月半のブログの経緯と椿の観察(2)」2011年07月07日『アメコカ マイケル ”Twinkle Twinkle Little Star”』
http://blog.goo.ne.jp/kazudeko/e/987b4ac9faec4f9a7e1a2ffe527b6851

と、放射線の影響により、何かしらの変異が起こったのではないかとの思いを強めておいでのようです。

「奇形の植物と3月21日の雨の関連性」という記事に掲載された写真を見ると、ふむふむ、確かに普通の椿に比べて、なにやら葉の形が独特ですね。

……でもこれ、うちにある椿の鉢の葉っぱ(トップ画像参照)にそっくりです。うちのは“金魚葉椿”といいます。

金魚葉椿についてのあれこれ

金魚葉椿(金魚椿・錦魚葉椿とも)は、ツバキの園芸品種のひとつ。金魚のように葉がくびれて先が三方に分かれたり、葉脈が浮いてもうひとつの葉がついたりする品種を『梵天』と呼ぶそうです。

この金魚葉椿の歴史は古く、なんでも江戸時代までさかのぼるとか。園芸が盛んだった江戸の頃、植木屋の増田金太というひとが、斑入りのものや変わった花の色、葉の形など“奇品”とされる植物を集め育てていたそうです。それらをまとめた『草木奇品家雅見(そうもくきひんかがみ)』という本の中に、この梵天椿も登場します。*1

*1:参照
「椿古図譜復刻シリーズ」『美しきツバキの世界』
http://www.geocities.jp/jpnkcs/reprint.html
「椿」2011年06月12日『園遊舎主人のブログ』
http://blogs.yahoo.co.jp/koichiro1945/archive/2011/06/12

この珍しい特徴を持った椿は、現在では園芸用の品種として認められており、栽培されています。

……さて、ブログ主さんは、この変わった形の椿を「放射能の影響で奇形になったに違いない」と主張されています。

放射線を照射し植物の品種改良スピードを上げる技術は既に存在し、「放射性物質によって植物に奇形が生じる」という事象自体は充分に起こり得ることです。かの写真の葉(金魚葉椿)は奇形と呼ばれるもの……ではありますが、それが原発事故に関する放射線の影響によって生じたものか、というとまた別のお話です。同じ時期にふたつの出来事が起こった場合でも、その間に因果関係があるかどうかは一概に断定できないからです。

また園芸品種では「先祖返り」と呼ばれる、基準の種に突然戻ってしまう現象や、先祖返りしたものがまた元の形質を発現することがあります。さらに、椿では枝変わり*2 と呼ばれる「ある枝が別の形質を発現する」現象が起きる、ことも知られています。

*2:「枝変りを探そう」『筑紫つばき会』
http://chikushi-tsubaki.com/kurumetubaki/siryou/tubaki/edagawari/edagawari.htm

話題を絞るため、本記事ではあえて地域による放射線量の話題や、実際に他の植物に奇形が生じているのかどうか、現在の放射線量で生えている植物に奇形が起こるか――という話題には触れません。ご了承ください。代わりに、「放射線が原因ではないだろうか」と原因ありきで結果を探すことの危険性について考えてみたいと思います。

この椿、元からこういう葉っぱだったんじゃないだろうか

椿の奇形と不安の種と01

僕は、ブログ主さんは“放射性物質の影響はなにかないかと探した結果、自分の印象にある椿の形と違うものを見つけ、これを放射性物質の影響と思い込んでしまった”のではないか、と考えています。数百年前から品種として存在する(人間が品種とした)とある形の葉と酷似した葉が、ある日偶然にも生えてきた……というよりは、そっちのほうが僕にとっては至極納得できる理由です。

この検証は簡単にできます。椿は常緑広葉樹(冬に葉を落とさない樹木)なので、今年出た新芽以外にも前から付いている葉があります。それらが金魚葉かどうかを確認すれば、今年春に出たものなのか、以前からそういう形の葉なのかがはっきりと解決します。それでなお、この変わった形の葉が「今年から出た」ものであると判断できれば、上記の“枝変わり”などの要因を検討すればよいのかな、と考えます。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。