ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米Amazon、Fireタブレットにブルーライトカット機能(Blue Shade)や新しい保護者向け機能を提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の Amazon が Android ベースの Fire タブレットシリーズに対して、ブルーライトカット機能を含む Fire OS のアップデートの配信を発表しました。新たに追加されるブルーライトカット機能「Blue Shade」は、ディスプレイにフィルターをかけて液晶パネルが発するブルーライトを抑制するというものです。この機能では、暖色系のフィルターが使用されているので、暗い場所で輝度を最小レベルに落としても文字などが見やくなるとしています。Fire OS のアップデートではこのほか、「Activity Center」という新しい保護者向け機能も追加されます。Activity Center は有効にすると、親が子どもの動画視聴時間やゲームのプレイ時間をはじめ、アプリ単位の使用時間などもチェックできるそうです。Fire OS のアップデートは米国で 3 日より開始されます。対象機種は Fire HD 10、Fire HD 8 を含むとされていますが、詳細は不明です。Source : GeekWire

■関連記事
EIZO、Bluetooth対応の同社製液晶モニタをスマートフォンから操作できるAndroidアプリ「G-Ignition Mobile」を12月4日にリリース
IIJ、Huaweiの7インチタブレット「MediaPad T1 7.0」とモバイルWi-Fiルーター「Aterm MR04LN」のセット販売を12月10日に開始
Google Playで今年注目されたアプリやゲーム、エンタメコンテンツ「ベストオブ 2015」が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP