体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「あべし!」でフリック入力を練習 iPhoneアプリ『北斗の拳 フリック奥義 百裂拳』

iPhoneアプリ『北斗の拳 フリック奥義 百裂拳』 アプリタイトル画面

「お前はもう死んでいる」――『北斗の拳』の名ゼリフでフリック入力を練習できるiPhone/iPod touchアプリが登場しました。ダイアトニックとノース・スターズ・ピクチャーズは、フリック入力練習ゲームアプリ『北斗の拳 フリック奥義 百裂拳』を『App Store』で7月7日に発売します。Androidアプリも近日リリース予定。

携帯電話と同じ配列で「あかさたな…」と並んでいる画面を、上下左右にフリック(スライド)させて文字入力する“フリック入力”。ワンタッチ入力で素早い文字入力ができるのですが、慣れるまでは違和感を覚えることもあります。そこで、遊びながらフリック入力練習をしてしまおうというのが『北斗の拳 フリック奥義 百裂拳』なのです。

iPhoneアプリ『北斗の拳 フリック奥義 百裂拳』 公式サイト

『北斗の拳 フリック奥義 百裂拳』では、コミック『北斗の拳』を原作とした全5作のアニメシリーズ『真救世主伝説 北斗の拳』の映像と音声を使用。アプリ内の音楽/効果音は、『ニコニコ動画』で活躍中の10日P(monaca:factory)が全曲制作しました。

アプリには2種類のモードを搭載。主人公・ケンシロウとして、北斗四兄弟による北斗神拳伝承者争いから、“拳王”ラオウとの激闘までのストーリーをフリック入力を練習しながら追体験できる『ストーリーモード』と、世界中の強敵(とも/ユーザー)とオンラインでフリック入力の優劣を競いあい、世界ランキング形式で“伝承者争い”ができる『タイムトライアルモード』が楽しめます。

iPhoneアプリ『北斗の拳 フリック奥義 百裂拳』 公式サイトより

出題ワードは、『北斗の拳』に出てくる断末魔のセリフ「あべし」やケンシロウの決めゼリフ「お前はもう死んでいる」などの名セリフばかりでなく、日常生活で使用できるフレーズも含まれています。また、強敵との戦いの時には、北斗神拳の奥義・北斗百裂拳が発動し、北斗七星がすべて光るまでひたすら「た」を入力する……という奥義システムも盛り込まれるなど、夢中になって遊んでいるうちにフリック入力の達人になれそう。スマートフォンを使い始めたアラフォー世代の男性に大ウケしそうな予感です。

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。