ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本人は「ガラケー」という物に誇りを持ってよいというお話

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

iPhoneとガラケー

日本で独自の進化をした携帯電話。同じく生物が独自の進化を遂げたガラパゴス諸島にたとえ、そのような携帯電話をガラパゴス携帯と呼ぶようになった。今では「ガラケー」と略される。

しかしこの「ガラパゴス」は皮肉の言葉が大半を占めている。FeliCa、高機能化、各キャリアがごとに閲覧ブラウジングが異なる仕様(例、ezweb)、各キャリアごとのサービス(例、LISMO)などなど。利用者やモバイルサイト運営側からしたら統一しろと言いたかっただろう。そこに出て来たのが海外からきた黒船、『iPhone』だ。スマートフォン(賢い携帯)と呼ばれるいちカテゴリを築くほどの影響を与えた。あのGoogle先生だって参入してきたくらいだ。

しかしガラケーは日本独自の進化をしているものの、海外の携帯電話と比べ物にならないくらい高性能。一時期はカメラの画素数で競い、ワンセグ機能も付け、アプリでゲームも可能となり、次はおサイフケータイ機能、かと思えば薄さや軽さで競い、更には防水防滴、耐久性携帯などありとあらゆることをやりつくした。

ユーザーからしてみたらより取り見取りである。画素数のカシオ、タッチパネルのソニー、安定人気のシャープなどメーカーごとにも特徴があり、好きなメーカーの好きな機種の好きな色を選ぶことができた。その「特徴」を「ガラパゴス」と揶揄(やゆ)するのはいかがなものだろうか。日本の携帯ユーザーはもっと胸を張って良いのではないだろうか。こんな携帯先進国はほかに韓国くらいだろうか。

『iPhone』にシェアを奪われそうになった国内メーカーはそのガラパゴスの底力を見せて、今度はガラパゴススマートフォンを開発したのだ。上記にあるような防水防滴、ワンセグ、『おサイフケータイ』などガラケーにあったものをスマートフォンに持ってきた。

逆にそれらの機能がないことにより、『iPhone』への機種変を躊躇している人や2個持ちを余儀なくされている人も多いくらいだ。しかしガラパゴススマートフォンの登場により、『iPhone』に取って代わる存在になるのではと言われている。今までのノウハウがある以上、ユニークかつ便利な機能てんこ盛りのスマートフォンが登場してもおかしくないだろう。

しかし、海外勢も頑張っており特に韓国メーカーと台湾メーカーは国内メーカーよりも高性能なスマートフォンをリリースしている。サムスンの『GALAXY S』なんかそれ1機種だけでシェアをかなり持っている程だ。

国内メーカーは押され気味だが、ガラパゴス携帯という言葉とノウハウに誇りを持っても良いんじゃないか。だってデコメに着メロ、着ボイスって楽しかったでしょ。これからもAndroidの国内メーカー製品は独自の進化をすると思うけど、「ガラロイド」とか言われちゃうのかな。楽しく便利であることに越したことはないんだけど。

それよりも昨今の日本の物に対してなんでも「ガラパゴス化」と言う風潮をどうにかしたいものだ。風の噂によるとゲームまでもガラパゴス化らしい。

ゲームソフトもガラパゴス化 日本勢、世界で存在感低下

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。