体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デスク空間の有効利用に! 位置や角度を調整できる液晶モニタアーム5種類発売

デスク上をスッキリさせたいとき、意外と邪魔になるのがモニタスタンド部分。角度の調整も自由自在というわけにはいかず、自然と同じ場所に置くことになりがちだ。

今回、サンワサプライの直営WEBショッピングサイト『サンワダイレクト』で販売開始された5機種の『液晶モニタアーム』は、こんな悩みを解決してくれそうだ。デスクに取り付けて高さを調整するシンプルなものから、壁に取り付けて角度を調整したり、モニタ2台を取り付け可能なものもある。アームを取り付けるには、ネジで壁面に固定する『壁取り付けタイプ』を除き、クランプで机などに固定する。モニタにはネジ穴を開けてアームを取り付ける。販売価格(税抜)は5980円~10800円。それでは販売価格順に一つずつご紹介しよう(すべての写真を見る)。


最もリーズナブルな機種は『壁取り付けタイプ』。モニタを壁に取り付けて、水平方向に動かすことができるというものだ。アームには3関節があり、使わないときは壁にペッタリつけておくことも可能。液晶テレビにも対応しているので、オフィスのみならずリビングでも活用できそうだ。耐荷重6kg、5980円(税抜)。


オフィスへの導入を検討する場合に、最も注目されそうなのが『垂直アームタイプ』。モニタを取り付けたままで簡単に高さを調整することができ、上下(チルト)、左右(パン)の位置調整、360度回転(ローテーション)にも対応する。アーム部分にケーブルを収納できるのもオフィス向きだ。耐荷重6kg、6980円(税抜)。


モニタの高さや左右の角度を調整する『水平アームタイプ』は、すっきりとシンプルなデザイン。デスクの奥行きがなく、デスク周辺にもスペースがないときに使えば、デスクスペースが有効活用できる。また、2人がけの机でモニタを共有するときにも便利だ。耐荷重6kg、7980円(税抜)。

1 2 3次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会