体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

衝撃の事実!『焼肉はせ川』が本気の焼肉屋さんだった件 @『焼肉はせ川』小田急相模原

hase-niku1_R

さり気なく『焼肉はせ川』を面白おかしく伝えている筆者ですが、何気に『焼肉はせ川』が焼肉屋さんである事を忘れていました。

というわけで、今回はガッツリと『焼肉はせ川』の焼肉な部分をお届けしようと思います。

『焼肉はせ川』に来たら国産高級和牛を食べるべし!

hase10a-19_R

初めて『焼肉はせ川』に訪れると、その破格の値段に目が行ってしまい、ついつい”100円焼肉”に手を出してしまいがちですが、それは孔明の罠です。

『焼肉はせ川』で一番お得なメニューは、ズバリ”国産高級和牛シリーズ”であると言っておきましょう。

確かに”一皿1580円”は100円焼肉シリーズに比べると割高に感じますが、実は相当リーズナブルな価格設定になっているのです。

この圧倒的なサシの入った牛肉の山を見て頂きたいですね。これほどの肉を”一皿1580円”で食べられる店は、滅多にないと思います。

それでは、それぞれの部位について軽く説明してみましょう。

『ヒレ』(1580円)

hase-niku4_R

フィレ、ヘレとも呼ばれ牛一頭から3%しか取れない貴重な部位です。脂肪が少ない割には大変柔らかく、味も濃いので人気があります。

とにかく国産高級和牛は「脂が命!」みたいな部分もありますが、あまりサシの入った部位ばかりでは飽きてしまいます。

なので『焼肉はせ川』で宴を催す際には、是非とも『ヒレ』も味わって欲しいですね。

『ザブトン』(1580円)

hase-niku7_R

名称から「お尻の方の肉」と思われがちですが、実はクラシタ(首の後ろ)から肋骨へと続く肩ロースの部分です。

これも一頭から数キロしか取れない希少部位で、その綺麗なサシと上品なコクで人気があります。

『三角バラ』(1580円)

hase-niku5_R

部位としてはバラ肉なのですが、その中でも一番綺麗なサシが入る部位です。

なので、いわゆる”上カルビ”や”特上カルビ”として提供されています。

つまり、焼肉はせ川でカルビを食べようと思ったら、せっかくなのですから『三角バラ』を食べてみて下さい。

まさに究極のカルビと呼べる味わいは焼肉の王道メニューかと存じます。

『リブカブリ』(1280円)

hase-niku6_R

リブキャップとも呼ばれる部位で、リブロースの上側(背中側)の肉になります。

脂が乗りやすく綺麗な霜降りと肉の甘味を味わえる部位です。

『ミスジ』(1280円)

hase-niku3_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。