体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『日清ラ王』で作るメチャうま「冷やしラーメン」と「つけ麺」

ラ王で作る冷やしラーメン

カップめんでまさかの涼しげメニュー

梅雨明け前なのに、既に暑い!と、お嘆きの皆さんこんにちは。こう暑いと、いつものカップめんの進みが悪いです。いや確かに昔の人は「暑いときには熱いものを食べろ」って言いました。けど、ここまで暑いとちょっとしんどいです、はい。

そこで今回は、カップめんを使った、夏向けのメニューを試してみようと思います。

※写真が1枚しか表示されていない場合には、ガジェット通信のページからすべての写真をご覧いただけます。

ポイントは麺、そしてスープ

今回、ラーメンのチョイスとして『日清 ラ王』(背脂濃コク醤油)をピックアップしました。これは、アレンジにも十分耐えうる麺の歯ごたえとスープのうま味がポイントです。

ラ王

麺に関してはのちほどの手順でもわかるのですが、とにかく強いコシとモチモチ感を保持しているのが特徴。ノンフライの「太ストレート角」麺は、三層構造による太麺。限りなく生麺に近づけられていることにより、これまでのインスタントのカップめんにはちょっと無かった食感と言えるでしょう。

麺

「背脂濃コク醤油」は鶏ガラベースに豚と醤油のうま味がミックスされた、輪郭のハッキリとしたスープ。これもまた、良い意味でカップめんらしからぬ次元の出来じゃあないのかな、なんて思ってしまいます。

これら2本の“柱”に関しては、多少のアレンジではびくともしないのではないか、というわけです。

「冷やしラーメン」編

ポイントは麺のゆで時間と脂抜きの工程。まずは材料から見ていきましょう。

【必要なもの】
『日清ラ王 背脂濃コク醤油』
熱湯(沸かしたてが望ましい)
器(調理用:小さなものを2~3個)
氷(余裕をもって多めに)

【今回追加してみたもの】
トマト
きゅうり
錦糸卵
白ゴマ
好みでごま油

脂抜きの準備

『日清ラ王』の場合、スープは粉末スープと液体スープの2種類が用意されています。液体スープには適度に脂分が含まれていて非常に美味しいのですが、冷やしラーメンの場合にはこの脂が口の中にまとわりついてしまいがちです。そこで事前準備の段階で、この脂分を抜いておきます。

ラ王 中身

まず、器に液体スープを出します。ここに50~100cc程度の水(お湯でも可)を加えてよく溶かします。ここに氷を数個投入したら器ごと冷凍庫(もしくは冷蔵庫)へ入れてしまいましょう。氷は多くて良いです。こうすることによって液体スープが早く冷えて、脂分だけが固化します。

液体スープ

具材準備と下ごしらえ

粉末スープはごく少量のお湯で、よーく溶いておきましょう。

粉末スープ 粉末スープ2

「かやく」の袋とチャーシューは別の器にあけて、こちらにも少量のお湯をかけて戻しておいてください。

かやく

ここまでできればほぼ準備は完了です。野菜や卵などを追加する場合にはこれらも用意しましょう。食べやすい大きさであればどんな形でもいいと思います。

追加具材

液体スープの脂抜き

脂分が、冷えて大体固まったようであれば、ザルを使って氷ごと脂を濾(こ)してしまいましょう。脂分は多少もったいないのですが、スープの中にも冷やしラーメンに必要な“うま味”は十分に保持されています。

液体スープ ろ過 液体スープの中の脂分 液体スープ ろ過済み

麺はかなりしっかり時間をかけて

さあ、麺です。「太ストレート角」麺は、通常、熱湯で5分を要します。それでも食感は「ややかため」。今回は「冷やしラーメン」なので最終的に“氷水でシメる”のですが、そうするとかなり引き締まるため、通常の5分では硬い麺になってしまうのです。

お湯を入れる

そうした失敗を避けるためにも、麺はしっかり時間をかけて戻しましょう。カップに熱湯を注ぐ場合には、7分30秒かけて戻すことにします。7分でも大体いいのですが、若干、硬い部分が残る傾向にあるようです。あと、もうひとつ。麺は冷やす前によーくほぐしておいてください

ひたすら待つ

直接、火にかけて麺をゆでる方法でも良いです。その場合は、6分~6分30秒でよい硬さに仕上がります。

1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。