ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ココロとカラダの状態が測定できる! センシングアイウェア『JINS MEME』は11月5日に発売 11月3日に先行発売も決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

アイウェアブランド『JINS』(ジンズ)を展開しているジェイアイエヌが2014年5月に発表したセンシングアイウェア『JINS MEME』(ジンズ・ミーム)から、2種類のフレームタイプが2015年11月5日に日本で発売されることになりました。また、2015年11月3日には“JINS MEME フラッグシップストア原宿”にて50名限定での先行発売イベントが行われます。

『JINS MEME』は特許取得済みの3点眼電位センサーと6点軸センサーと搭載した「世界初、自分を見るアイウェア」。瞬きや身体の動きを測定し、取得したデータがBluetoothでスマートフォンのアプリと連動して応用される仕組みになっています。

カジュアルからビジネスシーンまで対応できるウェリントンタイプのフレームを採用した『JINS MEME ES』(3万9000円+税)。こちらには3点眼電位センサー、6点軸センサーが共に搭載されています。

ハーフリムタイプのスポーツフレームサングラスの『JINS MEME MT』(1万9000円+税)。こちらは6点軸センサーのみの搭載で、運動時の激しいトラッキングを計測することに特化したモデルです。

なお、どちらのデザインも監修したのは、『アウディA6』などのプロダクトを手がけているSWdesignの和田智氏。そのデザイン性の高さに、2015年度の『グッドデザイン賞』にも選出されています。

オフィシャルアプリで「アタマ年齢」「カラダ年齢」が計測可能

オフィシャルアプリは、『脳を鍛える大人のDSトレーニング』(脳トレ)で知られる東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授が監修。“ココロ”と“カラダ”の状態や、そのバランスが測定できるとのこと。

「アタマ年齢」は、集中・活力・落ち着きの状態を規定し、“ココロ”の活性度を指数に。生産性が高いときほど若い年齢であると示され、低い時ほど年齢が上がります。

「カラダ年齢」は、活動量・姿勢・安定性の状態を測定。歩行時の動きや着座の時の姿勢などを頭の動きのデータをもとにして可視化します。こちらも姿勢が良い時ほど年齢が若くなり、悪い時ほど年齢が高く表示されます。

フォームを可視化できる『JINS MEME RUN』

オフィシャルアプリのほかに、2種類の対応アプリを発売と同時に公開します。2015年11月5日より『App store』にて無料でダウンロード可能なアプリ『JINS MEME RUN』は、『JINS MEME』を装着して運動することにより、ランニング時の距離、タイム、消費カロリーだけでなく、フォームの安定性を計測することができます。

このアプリでは「フォームの変化」と「ペースの変化」から安定して走れる限界距離を算出することが可能。独自の指標『ブレイクポイント』に達するとアラートが鳴ります。これにより、ランニングの“質”を高めるのに役立てることができるとのこと。

また、2016年1月には体幹トレーニングアプリ『JINS MEME CORE TRAINING』をリリース予定。こちらはヨガなどのバランスが要求されるシーンでの利用ができそうです。

ドライブ時の眠気を察知できる『JINS MEME DRIVE』

同じく2015年11月5日より『App store』にて無料ダウンロードできるようになる『JINS MEME DRIVE』。『JINS MEME』でまばたきなどを測定して、安全運転をサポートするアプリです。

アプリでは、ドライバーの状態を3段階で表示。「とても眠そう」になった場合にアラームとアナウンスで警告してくれます。それに従って休息を取ってリフレッシュ、という利用シーンが想定されます。

学術研究者向けのパックも発売

2015年10月29日からは、学術研究者向けのソリューション『JINS MEME ACADEMIC PACK』(50万円+税)を発売。一般発売用の『JINS MEME』では取得できない3点眼電位センサー、6点軸センサーのローデータが取得可能で、グラフィカルに表示されたデータをCSV形式にダウンロードすることもできます。

既に慶應義塾大学やドイツ・ジーゲン大学の産学協同研究などで活用されている『JINS MEME』だけに、新たな研究の分野での活用が期待できるのではないでしょうか。

“JINS MEME フラッグシップストア原宿”でいち早くゲットできる!

2015年11月3日の13時からは“JINS MEME フラッグシップストア原宿”にて先行発売イベントを先駆けて開催。50人限定で先行発売が実施されるほか、レンズの無料交換やオリジナルTシャツのプレゼントも。『JINS MEME』の発売を待ち望んでいた人にとっては見過ごせないイベントとなりそうです。

なお、2015年11月5日からの一般発売では、全国のJINSショップのうち38店舗とオンラインショップで入手できるとのこと。最新のウェアラブルアイテムとしても、注目が集まることになりそうです。発売日の11月5日には、“JINS MEME フラッグシップストア原宿”で『JINS MEME』とウェアラブルの今後を予測するトークイベントを開催。事前予約した参加者には『JINS MEME』をかけた気持ちになれるダテメガネ『JINS MEME?』をプレゼントします。詳細は公式サイトを確認してください。

『JINS MEME』公式サイト
https://jins-meme.com/

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP