ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

新ガンダムは小学生とその親世代がターゲット 『機動戦士ガンダムAGE』が10月から放映へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
新ガンダムは小学生とその親世代がターゲット 『機動戦士ガンダムAGE』が10月から放映へ

バンダイナムコゲームスは、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』の新シリーズ発表会を開催。10月からMBS・TBS系列で放映される『機動戦士ガンダムAGE(エイジ)』と、『ガンプラ』やおもちゃ、ゲームなど関連製品の展開が合わせて発表されました。

キービジュアル

※記事のすべての写真が表示されない場合はこちらをご覧ください

3世代の主人公が登場

テレビアニメ『機動戦士ガンダムAGE』は、主人公フリット・アスノとその息子アセム・アスノ、アセムの息子でフリットの孫となるキオ・アスノの3世代にわたる主人公が登場するという、壮大なストーリーが特徴。主人公が搭乗するガンダムも世代ごとに進化していくだけでなく、パーツの換装によるカスタマイズが可能というコレクター泣かせな仕様となっています。ターゲットは初めてガンダムシリーズに触れる小学生と、過去にガンダムシリーズを観てきた親世代。監督を務める山口晋氏は、大人の鑑賞に耐える設定や考証は押さえつつ、「通俗娯楽として楽しめる作品にしたい」とコメントしていました。

レベルファイブがRPGを制作

ストーリーとシリーズ構成を担当するのは、レベルファイブ代表取締役の日野晃博氏。バンダイナムコゲームス代表取締役副社長の鵜野澤伸氏から、本作品のゲーム化ではレベルファイブが開発を担当し、大作RPGとして制作されることが発表されました。発売時期や対応ハードはこの場では発表されていません。

おもちゃが連動する『ゲイジングリンク』

おもちゃの展開は、『ガンプラ』とフィギュア、主人公がガンダムを機動するアイテム『エイジデバイス』、主人公のパートナーとして過去の作品でも活躍するハロ、店頭に設置するゲーム機が連動する『ゲイジングリンク』の仕組みが目玉となっています。

『AG(アドバンスドグレード)』

『ガンプラ』の新シリーズ『AG(アドバンスドグレード)』は、劇中に登場するモビルスーツを1/144スケールでプラモデル化したもの。工具や接着剤が要らず、塗装も不要なので、小学生や初心者でも簡単に組み立てが可能。ICチップ『ゲイジングチップ』が1枚、付属しています。

『GB(ゲイジングビルダー)』

フィギュアシリーズ『GB(ゲイジングビルダー)』は、1/100スケールの彩色・組み立て済みフィギュア。モビルスーツ間や別売りのパーツに換装してオリジナルのモビルスーツをカスタマイズできます。こちらは『ゲイジングチップ』4枚を搭載。

『エイジデバイス』

『エイジデバイス』は、主人公アスノ家に伝わる、ガンダムを機動するキーアイテムを商品化。キャラクターボイスや効果音を収録するほか、7種類のゲームを遊ぶこともできます。

『ゲイジングハロ』 ガンプラやフィギュアをスキャン可能

『ゲイジングハロ』は、ハロをモチーフにしたおもちゃ。『ガンプラ』やフィギュアをスキャンする機能があり、自分の手持ちのモビルスーツを画面に登場させてゲームで遊ぶことができます。

無料ゲーム機『ゲイジングバトルベース』

『ゲイジングバトルベース』は、おもちゃ売り場など店頭に設置する無料ゲーム機。『ガンプラ』やフィギュアに搭載した『ゲイジングチップ』をスキャンすることで、手持ちのモビルスーツを画面に登場させ、バトルシミュレーションゲームを遊ぶことができます。フィギュアでパーツ換装によりカスタマイズした内容はゲームにも反映され、モビルスーツの強さが変化。このゲームで遊んだ戦績は『エイジデバイス』に記録でき、『エイジデバイス』本体をレベルアップして次回のゲームを有利に進めることができます。『ゲイジング ハロ』は、この『バトルベース』の自宅版としても動作。『エイジデバイス』と連動します。

このほか従来の『ガンプラ』シリーズとして『HG(ハイグレード)』、『MG(マスターグレード)』、1/48スケールの『メガサイズ』が予定されているほか、おもちゃ売り場やアミューズメント施設に設置するカードゲーム機『ガンダムトライエイジ』なども予定されており、家庭用ゲームも含め周到な展開が用意されています。小学生の親となった“ガンダム世代”のサイフを狙い撃ちといった様相を呈していますが、子どもたちを巻き込んだ新しいガンダムブームが起こりそうな予感。従来ファンの反応も含め、今後に注目できそうです。


  

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。