体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警告について(Go!Go!5)

1030

今回はhiroko0619さんのブログ『Go!Go!5』からご寄稿いただきました。
※この記事は2015年10月9日に書かれたものです。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/1222660をごらんください。

警告について(Go!Go!5)

私はこのたび化粧品や洋服のブランドであるフランスの企業「PAUL&JOE」さんに「警告」をいたしました。
PAUL&JOEさんが販売している今年の秋冬ものの商品に 
私の刺繍画像が使われていると思われるものがあります。
これは無断に行われたものであり また私は同社とコラボなども一切しておりません。

私自身はファッションブランドには明るくないのでお名前程度しか存じ上げなかったのですが
PAUL&JOEさんでは人気のアイテムとして猫のイラストをあしらったケースの
お化粧品やお洋服・雑貨なども作られています。
そちらの「PAUL&JOE SISTER」という可愛らし系のラインの この2015年秋冬物のなかに
「hirokoの刺繍と酷似したものがあると指摘されたが偶然の一致に驚いている」というメールを
7月初めに頂きました。
企業の社長の名前で英文、
ライセンスマネージャーを名乗る日本人の名前でその英文を日本語に訳したものがありました。
同じメールに「来年(SISTERが)10周年なのでコラボしましょうか」と言う事も書いてありました。

そして指摘のあった商品その他のカタログのファイルが添付されていました。
そこに載っていたもので 指摘されたというものはこれかな、と私が感じたものは
これ*1 と これ*2 

*1:「PAUL & JOE SISTER AUTUMN/WINTER 2015 | 19」 『PAUL & JOE』
http://www.paulandjoe.jp/lookbook/pjs-collection/19

*2:「PAUL & JOE SISTER AUTUMN/WINTER 2015 | 21」 『PAUL & JOE』
http://www.paulandjoe.jp/lookbook/pjs-collection/21

そのほかにネット上には画像が無いのですが同じモチーフつながりの靴下とタイツ、
ポーチとハンカチがありました。
ただカタログの画像はどれも小さく この刺繍のような部分がミシン刺繍なのか
あるいは刺繍風プリントなのかイラストのプリントなのかは はっきり分かりませんでした。

…皆さんが私の立場であればどのように感じるでしょう。
何か思う所があってもコラボするの光栄、ってありがたく受けたらよいかしら?
ちょっとは私も考えました。…しかし画像を見れば見るほど疑問は深くなります。

「偶然の一致」と言われて  私はつまりこの企業のデザイナーさんかどなたかが
「偶然同じ猫画像を見つけて それを元にイラストだか刺繍を製作し、
それを製品にミシン刺繍かプリントかしている」
そう言う事なのだと考えました。

ご存知の通り私の次男シャツはネットにあった知らない方の猫画像を見ながら
私が勝手に刺繍化したものです。
これと同じことをどなたかがした結果、酷似したものになったということだと解釈いたしました。

※次男シャツと同じもののご注文をたくさんいただきましたがすべてお断りしております。
(念のためこのものと猫画像の撮り主さんのこともGoogleやTinEye Reverse の画像検索を使って調べ
色々な方にメール差し上げたりして探したのですが 見つけることはできませんでした。)

*****

さて、問題の商品の刺繍部分(プリント?)は そのもとになった猫の画像より
どうも私の刺繍画像に より似ている気がしてならない・・・見れば見るほど私はそう感じました。
次男シャツは 初めてのねこ刺繍でしたので どう刺すべきか迷ってばかりで かなり試行錯誤しました。
色使いは濃い目になってしまい
そして全体・部分の形が結構元の猫とは違ってしまっています。
ハンカチのプリントはこれによく似ています。
同じものを見て別の人間が別の場所で刺した刺繍が、(描いたイラストが)
元の画像でなく お互いにすごく似た・・・というよりは
私の刺繍画像を見て 同じように刺繍したかイラスト化したもののように思えてなりませんでした。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy