ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ローエンド端末でも快適に動作するAndroid向けセキュリティアプリ「360 Security Lite」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

360 Mobile Security がフルバージョンからアプリ容量を 1/3 に削減し、ローエンド端末でも快適に動作するよう設計されたセキュリティアプリ「360 Security Lite」をグローバル向けにリリースしたことを発表しました。アプリは 10 月 7 日よりインドなどの新興市場を中心に提供されており、日本でもダウンロードして利用することができます。360 Security Lite は、360 Security の軽量版です。機能を絞り込むことで容量を削減しています。主な機能は、マルウェアスキャン・駆除機能「アンチウィルス」、メモリ開放機能「ブースト」、キャッシュクリア機能「クリーンアップ」の 3 つです。これらはトップ画面のタブを切り替えて中央のボタンをタップするだけで実行できます。ほかにも、マルウェアの活動を検出して停止させる「リアルタイムプロテクション」、定期的にクリーンアップ操作を促す「クリーンアップ通知」、アプリアンインストール時にゴミファイルの削除を促す「アンインストールリマインダー」など、フルバージョンの機能の多くを備えています。アプリは Android 2.2 以上をサポートしており、もちろん、日本語にも対応しています。「360 Security Lite」(Google Play ストア)

■関連記事
U-NEXT、Android TV向け公式アプリをリリース、SonyのブラビアとNexus Playerをサポート
これがGalaxy A9? HTC One M7のデザインを採用し、OPPO Nの回転カメラを搭載
ソフトバンク、「Xperia Z5」を10月29日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP