体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファミ通編集部には「ほぼすべてのゲームソフト」が保管されている

game326

『ファミ通』編集部には「ほぼすべてのゲームソフト」が保管されています。厳密には、『ファミ通』を発行している株式会社エンターブレインにゲームソフトが保管されており、必要に応じてゲームソフトを借りることができるのです。

ファミコン時代から現在まで、過去に販売されてきたほぼすべてのゲームソフトが保管されています。でも、どうしてそんなに多くのゲームソフトを保管しているのでしょうか? それは、編集者やライターが業務で過去のゲームの画面を撮影したり、データを調べたりするためなのです。

ファミコン、スーパーファミコン、PCエンジン、メガドライブ、ニンテンドーゲームキューブ、プレイステーション2などなど、とにかくさまざまなハードのゲームが保管されているので、日本でいちばんゲームソフトを保管している場所といえるかもしれません。

しかし、限定版やプレゼントとして作られたゲームソフトは保管していませんので、100%すべてのゲームがあるとは限らないようです。あくまで「ほぼすべてのゲームソフト」なのです。借りたゲームソフトは期限までに返却しないと怒られることも……あるとかないとか。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。