体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

肉好き女子必見! 京風焼肉『天壇』の『ミルフィーユロース』がうますぎる!

ミルフィーユ4 (2)

京都生まれの焼肉店『焼肉の名門 天壇』。出汁タレにつけて食べる焼肉はほかでは食べられないおいしさです。 中でも自慢の一品『ミルフィーユロース』は、なんと歌舞伎座の俳優陣もやみつきになるほど絶品なんだとか。今回は『焼肉の名門 天壇 銀座店』にご協力いただき、そんな魅惑のメニューをご紹介いたします。

京都の老舗焼肉店『焼肉の名門 天壇』

『焼肉の名門 天壇』は京都・祇園に本店を持つ、老舗焼肉店。1965年、まだ「焼肉」という料理があまり日本に浸透していない頃に創業しました。

今でこそ「タレか塩か」と選べるのが一般的ですが、当時の焼肉は濃い味付けをした肉ばかり。そんななか「焼いたお肉を食べごろの温度にし、お肉の味を引き立てるタレを」ということで考案されたのは、濃い味付けをマイルドにする、お出汁のようなつけタレでした。

このスタイルが、京都の人に受け入れられ、愛され続け、『焼肉の名門 天壇』は今年創業50周年となります。

歌舞伎座のそばにある銀座店は芸能人が来店することも?!

RIMG0388

そんな『焼肉の名門 天壇』銀座店は、歌舞伎座から道路を挟んで向かい側のビルにあります。立地のせいか、舞台を終えた俳優の方々が来店されることも多いのだとか。タイミングを伺ってくれば、あの有名俳優にも会えちゃうかもしれません。

RIMG0389

きらびやかでありながらも、和テイストで落ち着いた店内。デートにも大人女子の集まりにもぴったりです。

RIMG0391

ビルの10階にあるので、夜には銀座の夜景を眺めることができます。カップルの記念日にはぜひ、窓際の席を予約しておきたいですね。

一度食べたらやみつき! 魅惑の『ミルフィーユロース』(1枚550円)

ミルフィーユ2

それではいよいよ『ミルフィーユロース』をご紹介しましょう。
『ミルフィーユロース』は1枚550円。2枚から注文することができます。あらかじめタレで味付けされているお肉です。

ミルフィーユ1

“ミルフィーユ”ってついているだけで、なんだか乙女心がワクワクしちゃいますよね。どこが”ミルフィーユ”なんでしょうか。

実はパッと見ただけでは、ただお肉が2枚あるように見えますが、実は薄いお肉が3重となって1枚となっています。めくってみないとわからないくらい、キレイに重なって美しいお

ミルフィーユ3
1 2次のページ
Nagaya Ayakaの記事一覧をみる

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy