ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

俳優・山本太郎「事務所辞めました」 反原発活動が影響か

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
山本太郎さんの公式サイト(http://yamamototaro.com/)

 俳優の山本太郎さんは2011年5月27日、自身のツイッターで所属事務所を辞めたことを報告した。

 山本さんは、高校時代に「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の「ダンス甲子園」に出場したことをきっかけに芸能界入り。主にバラエティ番組などに出演していたが、次第に俳優としての活動を広げていた。

 これまでに山本さんは、福島第1原発事故を受け、「反対。って言うと、芸能界で仕事干されるんです、御存知でした?でも言ってやります、反対!」と自身のツイッターで反原発を訴えてきた。デモに参加することもあり、被災地の子供たちを放射能汚染から守るプロジェクト「オペレーションコドモタチ」では、動画サイトYouTubeから自らの声でメッセージを送った。

 こうした活動が影響したのか27日夜、山本さんは、

「事務所辞めました!今日。これ以上迷惑かける訳いかないから。辞めるな、と社長、スタッフの皆さん何度も引き止めて下さった。最後には僕の我が儘を聞いて貰いました。13年もいたSISは真面目で正義感強く情に厚い事務所。もう関係ないから事務所への電話しないでね。他の役者に迷惑かかる」

 と事務所のシス・カンパニーを辞めたことを突然ツイッターで報告。これに対して、「行動することが素晴らしい」「負けるな頑張れ」「感動しました」と山本さんへの支持が集まる一方、「なんとか社会活動と芸能活動の両立の道を模索して欲しい」と”俳優・山本太郎”としての才能を惜しむ意見も見られた。

◇関連サイト
・@yamamototaro0 – 山本太郎さんのツイッター
http://twitter.com/yamamototaro0

丹羽一臣

【関連記事】
反原発学者・小出裕章氏「被曝量の容認レベルを判断するのは国ではなく個人」
原発は時代遅れの「戦艦大和」 エネルギー政策研究所・飯田所長が語る代替案
「デモをするより議員事務所に行け」 河野太郎流、脱原発運動のススメ

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。