Google超入門『Gmail』の使い方編(2) ラベルをつけてメールを分類しよう

Pocket
LINEで送る

記者 : カテゴリー : デジタル・IT タグ :

Gmail ラベルをつけてメールを分類しよう
知ってるようで意外と知らない(こともある)『Google』の各種サービスについて、使い方を再確認する『Google超入門シリーズ』――第2回は、『Gmail』のメールボックスを“ラベル”を使って分類する方法について紹介します。周りの初心者の方に使い方を質問されたときに「これ読んで」と教えてあげられるページとして、ブックマークしておいてくださいね。

パソコン(ローカル)上で使用する『Outlook』などのメールソフトと『Gmail』の大きな違いのひとつは、メールの分類の方法。メールソフトでは“フォルダ”にメールを保存することでカテゴリ分けを行いますが、『Gmail』では“ラベル”をつけて分類します。ラベルをつけても、メールは受信フォルダから移動しませんので、「受信トレイ上でメールを一覧」と「ラベルごとにメールを一覧」の両方を行えるというわけです。

Gmail ラベルをつけてメールを分類しよう『Gmail』アカウント開設時に、デフォルトで用意されているラベルは「プライベート」「仕事」「旅行」「領収書」など。これら以外にオリジナルのラベルを作成したいときには、メールを開いて「ラベル」のプルダウンメニューを選択しラベル名を入力して「新規作成」をクリックします。同時に、メールのサブジェクトの右隣に「受信トレイ」「○○(ラベル名)」が表示されるようになります。

Gmail ラベルをつけてメールを分類しよう―ラベル色を設定ラベルは、色分けを行うとさらに便利になります。ラベルの色を変更するには、左側メニューに表示されているラベル名の頭にあるプルダウンメニューをクリック。デフォルトでは12色が用意されていますが、カスタム色を作成することもできます。

Gmail ラベルをつけてメールを分類しよう―ラベル分類完了!メールソフト上でのフォルダ管理に慣れていると、最初はラベル管理に戸惑いを感じるかもしれません。でも、使いはじめるとラベル管理の自由度の高さに気づかされます。まず、フォルダ管理の場合は1通のメールを複数フォルダに保存することはできませんが、ラベル管理の場合は1通のメールに複数のラベルをつけることができます。たとえば、「仕事」「クライアント名」「打合せ」と3種類のラベルをつけておくと、それぞれのラベルから1通のメールを参照できるというわけです。

Gmail ラベルをつけてメールを分類しよう―アーカイブする「フォルダに分けないと受信フォルダがいっぱいになるのでは」と心配する人もいるかもしれませんが、「アーカイブ」という機能を使えば大丈夫。メールを選択し、受信トレイ上部の「アーカイブ」ボタンをクリックすると、受信トレイには表示されなくなります。また、アーカイブしたメールを一覧したいときは、左側メニューの「ラベル」から「すべてのメールを見る」をクリック。このメニューはデフォルトでは表示されない場合がありますので、見つからなかったら「他○個のラベル」を開いて確認してください。

メニューへのラベルの表示/非表示は、ドラッグ&ドロップで入れ替えできます。「他○個のラベル」を開いて、表示したいラベル名をドラッグして「ラベル」メニューの上にドロップ、あるいは表示したくないラベル名を「他○個のラベル」の上にドロップするだけでOK。カスタマイズの自由度が高いことも、『Gmail』の良さのひとつだと思います。

Gmail ラベルをつけてメールを分類しよう―デザインテーマをカスタマイズそうそう、カスタマイズといえば、『Gmail』はデザインの設定も変更できます。画面右上のメールアドレス横にある「設定」のアイコンをクリックし、「テーマ」のタブを選択すると約50種類のデザインテーマが表示されます。デザイン変更は、各テーマのアイコンをクリックするだけで完了します。少しずつ、『Gmail』を自分仕様に育ててみてくださいね。

※記事には複数の画像を掲載しています。すべての画像が表示されない場合はこちらをご覧ください
 

 

■関連記事
Google超入門『Gmail』の使い方編(1) アカウントを作ってみよう
GmailでToDo管理する超便利技! iPhoneともデータ共有可能
Gmailが初めての人に教えてあげたいちょっとしたこと
被災地の記憶を“記録”する Googleが『未来へのキオク』プロジェクトをスタート
Googleが『Chromeウェブストア』の日本語版をリリース さっそくアプリをチェック!

Kyoko Sugimoto

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

  • ガジェット通信をフォロー≫
Pocket
LINEで送る

関連記事
新着記事一覧

TOP