ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャンプで「デビューはムリ」と言われた漫画家が政治家になっていた!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

週刊少年ジャンプに「よほど劇的なことがないとデビューはムリ」と断言され、その他の編集部でもことごとく「昔のサンデーに載ってるような絵柄」「展開の遅さは致命的」と言われ撃沈していた漫画家が、その後に品川区議会議員補欠選挙で初当選し、政治家になっていたことが判明した。

その漫画家とは安藤泰作(あんどうたいさく)氏で、ペンネームを庵堂田吾作として2001~2004年にかけて編集部に漫画原稿を持ち込みをしていた(当時30歳前後)。明確にはプロの漫画家になっていないので漫画家志望者ということになるのだが、どの編集部に原稿を持っていっても掲載に結びつかなかったようだ。

その持ち込みのようすはすべて庵堂田吾作公式サイトに掲載されており、ジャンプやチャンピオン、コミックビーム、ヤングアニマルなどに持ち込みしたときのようすが語られている。漫画に関しては多くの編集部で酷評されており、脈があったコミックバンチも最終的にはイラストの掲載のみで連載には至らなかったようだ。

<漫画を持ち込みした各編集部の反応>
・週刊少年ジャンプ
「女の子が可愛くない」「言いたいテーマを統一できていない」「漫画家の年齢なんて関係ない」

・コミックバンチ
「女の子が可愛くない」「バスケ好きな気持ちは伝わってくる」「絵は描きなれてて良くできている」「枠線のハミだしは修正した方がいい」

・ヤングアニマル
「女の子が可愛くない」「仕上げはただ単に雑にしか見えない」「漫画は、読者に努力を要求してはいけない」「この年齢の人を使うのはリスキーでハンディ(約30歳)」

・月刊少年ガンガン
「女の子が可愛くない」「世界観がリアリティーない」「アフタヌーンに載ってそうな漫画」「話で読ませるのでなくキャラで読ませよう」

・アフタヌーン
「女の子が可愛くない」「結末が見えるやり方はやめた方がいい」「まあまあ読める話だが、どこかで見たことある」「少年漫画っぽい印象を受けた」

庵堂田吾作公式サイトは2005年をもって更新が止まり、しばらくして品川区議会議員補欠選挙で初当選を果たすという展開に『2ちゃんねる』でも話題に。やはり漫画家志望者が突然政治家になっていたことに対して多くの人が驚いたようで、「最初から政治家志望なら、話はわかるんだが漫画家ずっとめざしてて、いきなり政界転向ってのはさすがに展開的についていけない」「庵堂田吾作三十路で無職を煽っている間に、漏れまで三十路で無職になってしまった」などのコメントがあった。

漫画では挫折してしまったようだが現在も政治家として活躍しているようで、新たなステージで本領発揮といったところだろうか。ちなみに、漫画家活動はやめてしまったが庵堂田吾作公式サイトは現在も残っているようで、もしかするといつの日か、庵堂田吾作先生の漫画が読めるかもしれない(このニュースの元記事はこちら)?
 
イラスト: 見ル野栄司
 

■ほかにもこんな漫画のニュースがあります
『新ブラックジャックによろしく』作者が一緒にネット配信をする漫画家を大募集!
アニメ『けいおん!』の美少女キャラ愛用楽器のAmazonページが凄い事に
Googleと小学館が和解へ? 異例の “小学館と関わる作家全員に和解案の郵送”
【週刊少年ジャンプに聞きました】『ぼっけさん』って連載終了しちゃうの?
『マキバオー』つの丸先生が編集者に激怒! 「こんなウソつくくらいなら休みくれよ」

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP