ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • もしも恐竜が絶滅していなかったら? ピクサー最新作『アーロと少年』は文明を持った恐竜が主人公
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のキャリー・フィッシャー、体重減量命令に不満を漏らす
  • アレクサンドル・アジャ監督作『ホーンズ 容疑者と告白の角』 ラドクリフらが200匹の蛇と共演した感想を語る
  • メグ・ライアン、デリア・エフロン脚本のロマンティック・コメディ映画『The Book(原題)』を監督
  • 【生放送予告】映画『新宿スワン』公開直前放送! 見所から“夜のスカウト事情”までまったりトーク
  • 人気爆発の“BB-8”はこうして生まれた! C-3POも大絶賛「ごめんよR2、口惜しいだろうね」
  • 映画『大奥』で男同士の禁断の愛を熱演――注目俳優・永江祐貴さんインタビュー
  • 【まずは君が落ち着け】『シン・ゴジラ』地上波初放送が決定! 11月12日はテレビの前で待機だ
  • 【フワッフワ】ホラー映画『青鬼 ver2.0』 新キャラクター“フワッティー”がブルンッと襲いかかる映像解禁
  • リメイク版映画『ゴーストバスターズ』のポール・フェイグ監督、オリジナル版に敬意を払うために“もっとも面白い4人組”を採用したとコメント
  • ビリー人形がピザになったよー! 無慈悲なゲームも楽しめる『ジグソウ:ソウ・レガシー』×監獄レストラン『ロックアップ』コラボメニュー[ホラー通信]
  • 『ジャングル・ブック』 レビュー(4/5点)【ひろゆき】
  • 中島裕翔主演の映画『ピンクとグレー』 行定勲監督に開始62分後の“あの仕掛け”について聞いてみた
  • 許斐 剛「“テニプリ”が世界に通じるコンテンツだということを知らしめたい」『新生劇場版テニスの王子様』2020年公開!
  • 【編集部映画クロスレビュー】これは“共有すべき”映画体験!『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
  • お分かりいただけただろうか…… 『残穢-住んではいけない部屋-』予告編に映り込んでしまった“不穏な何か”「ホラー通信]

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

【週刊少年ジャンプに聞きました】『ぼっけさん』って連載終了しちゃうの?

老若男女問わず、読む者に夢を与えてくれる漫画雑誌といえば、やはり『週刊少年ジャンプ』だろう。『ジョジョの奇妙な冒険』や『ドラゴンボール』、『てんぎゃん』、『デスノート』など、数多くのヒットタイトルを生み出してきた。いまも『ワンピース』や『バクマン』が人気を博している。

そんな『週刊少年ジャンプ』で連載中の漫画『ぼっけさん』に関して、「もしかして連載終了か?」というウワサが流れている。その理由は、大規模インターネットショップサイト『Amazon.co.jp』で、『ぼっけさん 上』というタイトルの単行本の予約販売が開始されたからだ。

通常、連載が長期にわたる作品は1巻や2巻という流れで発売されていくのだが、連載が10~20話程度で終了してしまった漫画は上巻や下巻として発売されることが多い。今回は、『週刊少年ジャンプ』で連載終了の告知がまだ出ていない状態で『ぼっけさん 上』というタイトルの単行本が『Amazon.co.jp』に掲載されてしまっているため、「もしかして連載終了か?」というウワサが広まっているのである。このことについて、『週刊少年ジャンプ』に取材をしてお話をうかがった。『ぼっけさん』は連載を終了してしまうの?

その質問に対して『週刊少年ジャンプ』は「申し訳ありません。今の時点で編集部としてコメントできかねます」とコメント。『ぼっけさん 上』の発売が決定した時点で事実上の連載終了という予想をしていたのだが、これはしもかしたら連載が続く可能性もあるのでは? インターネットではそこそこ良い評価をするコメントがあるだけに、ファンのためにも続けてほしいものだ(このニュースの元記事はこちら)。
 
 

■ほかにも漫画に関するニュースがあります
『マキバオー』つの丸先生が編集者に激怒! 「こんなウソつくくらいなら休みくれよ」
あのキャラクターが “出張” してくれる 『まぜ生インターンシップ』開始
『新ブラックジャックによろしく』継続の危機!? 取材に対し小学館「まだまだ続きます」
『週刊:手塚治虫マガジン』がiPhone/iPod touchで6ヶ月間無料公開
経費が1800万円!? 人気漫画家が原稿料と印税を暴露!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき