ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 生田斗真主演『彼らが本気で編むときは、』キャスト・スタッフが“本気”がスゴいポイント3つ
  • アクセル全開フルスピード!  この夏の暑さを吹き飛ばす車映画4選
  • こんなに面白い映画があったなんて…… 映画『ローライフ』は絶望と暴力に彩られた正真正銘の“ヒーロー”の物語[ホラー通信]
  • 私に殺られる……注目の新感覚ホラー映画『アルカナ』山口義高監督インタビュー
  • 【マジかよ】『デッドプール2』に忽那汐里が出演するぞおおぉ! 重要な役として参戦決定
  • 「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞」投票受付開始
  • サントラの予習もバッチリ! ヴィランたちの暴力と哀愁が詰まった『スーサイド・スクワッド』特別映像
  • 映画『チャッピー』予告編が公開 同監督作『第9地区』ばりのロボットアクション展開も
  • 映画『フランケンシュタインの花嫁』(仮題)、「Dark Universe」の1本として2019年に公開へ
  • 怪盗キッドと初出演の京極真が激突!劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』特報映像解禁[オタ女]
  • 【今週公開のコワイ映画】2016/2/19号:未体験ゾーンの映画たち『血まみれスケバンチェーンソー』『エイリネイト-侵略地区-』[ホラー通信]
  • ディズニー映画初出演のジョージ・クルーニーが噂の妻と来日! 「一緒にカラオケに行きたい」
  • ガジェット通信のオタク女子と東村アキコ通男子が観てきた 「映画『海月姫』って実際どうなの?」 ※微ネタバレあり
  • 「トンデモ設定だけど泣ける」奇跡の映画『スイス・アーミー・マン』ルーツは『もののけ姫』だった?[ホラー通信]
  • 『ニコニコ動画』で無料公開された『テキサス・チェーンキラー ビギニング』が“激辛”評価だった理由とは
  • トム・ハーディ、映画『Fonzo(原題)』にアル・カポネ役で出演

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『新ブラックジャックによろしく』継続の危機!? 取材に対し小学館「まだまだ続きます」

以前、『“新ブラックジャックによろしく” が最後の作品になると思います』と『経費が1800万円!? 人気漫画家が原稿料と印税を暴露!』という記事を掲載したが、どちらも人気漫画家・佐藤秀峰先生に関する記事である。内容としては、佐藤先生が自身の公式ホームページで印税や原稿料を暴露し、さらに『ビックコミックスピリッツ』で絶賛連載中の『新ブラックジャックによろしく』をインターネットにも掲載すると断言したというもの。

さらに、佐藤先生は「恐らく、僕が雑誌で連載をするのは「新ブラックジャックによろしく」と「特攻の島」が最後かもしれません。もう雑誌から声はかからないでしょうから…」とコメントしており、ファンのブログや『2ちゃんねる』などで「もう連載が終わるのでは?」という憶測が飛び交っている。

憶測は憶測しか呼ばない! ということで、実際どのようなことになっているのか、小学館『ビックコミックスピリッツ』編集部に取材をさせてもらった。これで真相がわかればいいのだが……。


記者  『新ブラックジャックによろしく』がネットにも掲載されるというのは本当ですか?
担当  そのようです。
記者  『新ブラックジャックによろしく』は小学館のサイトで連載をするのですか?
担当  いいえ、佐藤先生がご用意したサイトですると思われます。
記者  ということは、ネット掲載に関して御社はノータッチということですか?
担当  そうですね。
記者  小学館さまと佐藤先生は、独占契約は結んでいるのでしょうか?
担当  連載などの契約は結んでいますが、小学館と独占契約はしていません。
記者  ということは他誌でも描けるわけですね。
担当  そうなりますね。
記者  今回の件で『新ブラックジャックによろしく』の連載終了という噂がありますが。
担当  いいえ、まだ続きますよ。すぐ終わることはありません。
記者  ということは、今までのファンは従来どおり『ビックコミックスピリッツ』で読めると?
担当  そうですね。それは今までと何も変わりません。
記者  きっとファンも安堵するかと思います。
担当  今回の件はどこで盛り上がってるのですか?
記者  ファンのブログや『2ちゃんねる』などですね。
担当  そうなのですか。
記者  お忙しいところ、ありがとうござました。

本当は佐藤先生に実際にお会いして胸中を語っていただこうと思ったのだが、編集部から漫画家に取次ぎできないとのことで今回は断念した。とにかく、連載が終わらないということがわかっただけで朗報を得たといえるだろう。インターネットでの掲載に課金が発生するのか無料なのか、どこのサイトで掲載されることになるのか現在のところまったく不明だが、これからの『新ブラックジャックによろしく』のストーリーと佐藤先生の動向に注目していきたい(このニュースの元記事はこちら)。
 
(C)佐藤漫画製作所
 
 
こんな漫画に関する記事もあります
『新ブラックジャックによろしく』が最後の作品になると思います
経費が1800万円!? 人気漫画家が原稿料と印税を暴露!
『週刊:手塚治虫マガジン』がiPhoneとiPod touchで6か月間無料公開
有名漫画家が漫画を持ち込むも漫画誌に門前払いを喰らう
『ドラえもん』の声優は現在と昔のどっちが良いのか判明!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。