ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Anker、新型モバイルバッテリー「PowerCore+ 10050 / 13400」を発表、10月15日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Anker が Quick Charge 2.0 に対応した容量 10,500mAh の小型モバイルバッテリー「PowerCore+ 10050」と 容量 13,400mAh で 2 ポート内蔵したモバイルバッテリー「PowerCore+ 13400」を発表しました。PowerCore+ 10050 は、10,000mAh のバッテリーを内蔵した製品の中では世界最小サイズとなる 96 x 61 x 23mm / 236g を実現した製品で、一般的な 10,000mAh のモバイルバッテリーに比べて 30% ほどコンパクトだと言われています。バッテリーパックはパナソニック製を採用しています。PowerCore+ 10050では出力側で急速充電技術 Quick Charge 2.0 に対応(5V / 2.4A、9V / 2A、12V / 1.5A)するほか、入力側も 5V / 2.4A と 9V / 2A の充電に対応しており、バッテリー自体をわずか 5 時間でフル充電できるとされています。PowerCore+ 13400 は 2 ポートの出力用 USB 端子を備えており、複数のモバイル端末を同時に充電できる製品です。筐体サイズは 99 x 79 x 23mm / 306g と比較的コンパクトで軽量。入力側は 5V / 2A と 9V / 2A での充電に対応しており、比較的短時間で充電することができます。また、出力側は合計で 5V / 4.8A をサポートしているのですが、Anker の PowerIQ や VoltageBoost 機能を搭載しており、複数を接続した場合での充電効率を高めています。どちらも 10 月 15 日に発売されますが、価格はまだ発表されていません。Source : Anker

■関連記事
ソフトバンク、病院での診察料を携帯電話の利用料と合算して支払える新サービス「スマート病院会計」を12月に開始
Xperia Z1 CompactにAndroid 6.0 Marshmallowを! ユーザーが署名活動を開始
SmartWatch 3でNFCの機能をフル活用できるようにする非公式のカスタマイズ方法が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。