ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

どれだけ殺したら幸せになれるの? ベストセラー小説『殺人鬼フジコの衝動』がドラマ化

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
01-FUJIKO_B1_4c

読み終わってイヤ〜な気持ちになる“イヤミス”の名手・真梨幸子による50万部を超える大ベストセラー『殺人鬼フジコの衝動』。尾野真千子さん主演でドラマ化が決定。「Hulu」にて11月13日より放送となることが明らかになりました。

過激すぎて映像化は不可能といわれたベストセラー小説『殺人鬼フジコの衝動』は、あまりの衝撃性と猟奇性から「最低に嫌な読後感だが、先を読まずにはいられない面白さ」という口コミで瞬く間に話題に。タブーだらけのストーリーは、なぜだか読んでしまう不思議な魅力を盛っています。

このドラマ『フジコ』の主人公の殺人鬼フジコには、日本映画界から今最も愛されている女優・尾野真千子さんが起用。生々しくて、血生臭く、あまりに切ないリアルな人間そのもの―、哀しいまでに幸せと愛を求め殺し続けた、壮絶な女の一生を演じる迫力に期待です。

製作陣は、「1リットルの涙」(CX)で日本中を涙で包み、『電車男』などのラブストーリーや『絶対零度-未解決事件特命捜査-』(CX)に代表されるミステリーなど、多彩なジャンルを手掛けてきた村上正典さん。脚本に『凶悪』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞し髙橋泉さんを迎え、さらに主題歌には斉藤和義の「シンデレラ」という豪華さ。

新境地に挑む、尾野さんのコメントは以下のとおり。

メイン

【尾野真千子コメント】

最初、台本を読んだ時、「殺人はあってはならない悪いもの」という思いから断りたいと思いました。台本の読後感が「むごい、ひどい、つらい」の三拍子で、とてもひどかったからです。正直、こんな衝撃的な役どころから自分を守りたいと思いました。

そんなとき、『凶悪』(脚本の髙橋泉が日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した映画)を観て、「できるかもしれない」と思いました。それでも不安がとれないまま撮影に入り、決して納得して演じたわけではなかったのですが、つくり手の誠実さに賭けました。一言だけで片付けられない、人間の深部に問いかけてくれる部分があるドラマだから、ふんぎりをつけ、受け入れ、チャレンジするように飛び込むことができました。

主人公のフジコは、客観的に見て狂気そのもので酷い女性ですし、一方で可哀そうだとも思いました。この女性はいつ幸せだったのだろうと思いました。フジコなりの幸せは時々あるようでしたが、私たちから見ると可哀そうな人。殺人への衝動の飛躍が凄すぎるし、最後まで共感は一切できませんでした。フジコより他の人が可哀そうでした。私なりの解釈でこの破滅的な女性を演じきりましたが、演じていてとても辛かったです。起伏の激しい平常心でいられない役柄でしたので、とても疲れました。疲労感が凄まじかったです。私にとっては、それだけ全身全霊で入り込めた役ということです。どうなるんだろう、狂気しかないんじゃないかと不安が90%でしたが、完成したものを観てみると、人の痛みもわかりますし、響くものがいっぱいあり、実は泣けました。やってよかったなとやっと思えた作品ですので、ぜひ、楽しみにしていてください。

『フジコ』11/13(金)~Hulu/J:COMにて全6話一挙独占配信

稀代の殺人鬼フジコ。なぜ彼女は殺すのか?
一家惨殺事件の生き残りの少女フジコ。お母さんみたいにはならない―
いつしか幸せだけを追い求め殺人鬼となっていく。
一家惨殺事件の生き残りとしてトラウマを負った11歳の少女フジコ。だが彼女の人生はいつしか狂い始めた。「あたしは人生をリセットできる女」――、呟きながら殺害を繰り返していく。なぜ彼女は殺すのか?誰が彼女の家族を殺したのか?愛への渇望か、幸せへの執着か、真実が明かされるとき、最高の後味の悪さと驚愕のラストが、観る者を戦慄と慟哭へと突き落とす。

http://drama-fujiko.com

出演:尾野真千子/谷村美月 丸山智己 リリー・フランキー/浅田美代子 真野響子
原作:真梨幸子「殺人鬼フジコの衝動」(徳間文庫)
脚本:髙橋泉
音楽:やまだ豊
主題歌:「シンデレラ」斉藤和義(スピードスターレコーズ)
演出:村上正典(共同テレビジョン)
製作著作:Hulu 共同テレビジョン/製作協力:アスミック・エース/ジュピター・テレコム
(C)HJホールディングス/共同テレビジョン(C)真梨幸子/徳間書店

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。