ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

パナソニック初のAndroidスマートフォンがソフトバンクからも発売『Sweety Softbank 003P』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
パナソニック初のAndroidスマートフォンがソフトバンクからも発売『Sweety Softbank 003P』

NTTドコモ夏モデルとして発表されたパナソニックの『P-07C』が、ソフトバンク向けにも『Sweety Softbank 003P』として7月に発売が決定しました。片手でダイヤルを回すようにアイコンを操作する『タッチスピードセレクター』を採用し、デコレーションが楽しめるAndroidスマートフォン。パナソニックのAndroidスマートフォン第1弾製品です。

OSはAndroid 2.3。約4.3インチの大画面を搭載しますが、利き手に合わせて操作可能な『タッチスピードセレクター』、ソフトウェアキーボードのキーサイズや位置を変更して、ユーザーの手の大きさに合わせて調整できる『フィットキー』により、女性でも片手で操作ができます。

ホーム画面やソフトウェアキーボードをデコレーションして楽しめるほか、ユーザーの居場所や時刻に合わせてニュースや天気、時刻表などの情報を配信したり、『Twitter』『mixi』『Facebook』と連動するアプリ『Future Plus』をプリインストール。ワンセグ、赤外線、テザリングに対応しますが、『おサイフケータイ』には非対応です。

『Sweety Softbank 003P』主な仕様
サイズ:約W67×D128×H14mm
重量:約139g
連続待ち受け時間(暫定値):約370時間(W-CDMA)、約260時間(GSM)
連続通話時間(暫定値):約260分(W-CDMA)、約270分(GSM)
ディスプレー:約4.3インチ フルワイドVGA(854×480ドット) TFT液晶 最大6万5000色
カメラ:有効画素数 約510万画素 CMOS
外部メモリー:microSDHCカード(2GB同梱)、最大32GB
無線LAN:IEEE 802.11 b/g
Bluetooth:Ver. 2.1+EDR
カラー:ブリリアントピンク、ホワイト、ブラック

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。