ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

記憶力はトレーニング次第で、上げることができる?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
記憶力はトレーニング次第で、上げることができる?

 体力や集中力と同様、年々落ちてゆく記憶力。しかし、記憶力が落ちてきたからといって落ち込む必要はありません。本書『読むだけで記憶力がグングン高まる!』の著者・樺旦純さんは、記憶力はトレーニング次第で、上げることができるのだといいます。

 記憶力を上げるための方法、早速いくつか見てみましょう。まずは、五官をフル動員すること。記憶を速く確実なものにするためには、もてる感覚器官を総動員すべきとのこと。単に目で読むだけでなく、声に出したり、手で書いたりと、視覚・聴覚・運動感覚などをフルに使えば使うほど、脳のなかにたたき込むことができるのだといいます。

 続いて、反復を5回くり返すこと。反復の回数を増やすほど記憶は良くなり、なかでも5回をこえると急激に記憶が上昇するそうです。

 あるいは、「すでに頭に入っているものと結びつける」という記憶術も。系統的で一連性があり、順序をたやすく思い出せるもの(自分のからだ、駅名の順など)に、覚えるべきものを結びつけることにより、記憶することが容易になるそう。

 たとえば、買い物をする際、買いたい品として「豆腐、サラダ油、胡椒、バナナ、海苔、タマゴ、トイレットペーパー、長ねぎ、ノート、味噌」という10種類を記憶したいとき、これらの品と、自分のからだの各部位とをしっかりと結びつけるのだそうです。このときのコツは、なるべく奇想天外な方法で結合すること。

頭:豆腐(頭の上に豆腐をのせた。ブヨブヨしていて、とても不安定な感じだ)
目:サラダ油(目の中にサラダ油が入って、沁みてたまらない)
鼻:胡椒(鼻で胡椒を吸いこんだ。クシャミの連発だ)
耳:バナナ(耳の穴にバナナを押し入れた。何も聞こえなくなってしまった)
口:海苔(海苔巻を食べたら、口の中に海苔がくっついてなかなか離れない)
首:タマゴ(タマゴをいくつもジュズつなぎにして、首にぶら下げた)
胸:トイレットペーパー(胸のまわりをトイレットペーパーでグルグル巻きにした)
へそ:長ねぎ(長ねぎをへそにつき立てる)
尻:ノート(ノートの上にどっかりと尻をおろして、座り込んでしまう)
足:味噌(足でグチャグチャ味噌をふんづけている)

 本書で紹介されるさまざまな記憶法と、トレーニング方法。自分に合った記憶法を見つけ、実際に試してみてはいかがでしょうか。記憶力の上昇を実感できるかもしれません。

■関連記事

「ワークライフバランス」という言葉が働くママを追いつめている?
話題のスラング英語参考書『DARK HORIZON』の著者が手にした理想的な暮らし
グローバル化で加速するバイリンガル教育の"落とし穴"とは?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。