体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画と星空とごはんを一緒に楽しむ『夜空と交差する森の映画祭』を取材して感じたこと(ガジェ通日誌 深水英一郎)

夜空と交差する森の映画祭

ガジェ通発行人のふかみんこと深水英一郎です。

山梨県北杜市で開催された『夜空と交差する森の映画祭』という野外上映イベントを取材してきました。

べるが

10月3日から4日にかけてのオールナイトで、開催地は、白州・尾白の森名水公園「べるが」というキャンプ場もある公園です。

夜空と交差する森の映画祭

公園内に4つのスクリーンを設置し、そこで様々な映画を上映していくというもので、参加者は、野外の会場を好きに移動して映画を楽しむことができます。天候にも恵まれ、ほんとに、星を眺めながら映画を観ることができました。

夜空と交差する森の映画祭

普通の映画館で映画を観てると、映画を観る環境や周りのお客さんというのがどうしても気になりますが、このイベントに関しては、もともと野外であり、映画だけに集中したいというより、夜中に野外でシート敷いてその雰囲気と星空を含めてまったり時間を過ごすということ全体を楽しむという感じ。

野外映画祭

シートして寝っ転がって映画観てる人もいましたし、会場が4つにわかれているので途中で出たり入ったりの人の動きもあるのですが、普通の映画館だったら気になるようなそういったことが不思議と意識されませんでした。

野外映画祭

場内の飾り付けも、上映する映画に関連付けてあったりして空間全体が楽しく演出されています。ご飯を買って食べたり、お酒を飲んだり、ワークショップに参加したりなどなど、そういうのトータルで外での時間をオールナイトで楽しむ。そういうゆるい感じが全体にただよっていました。なので、目の前を参加者が行き来してもぜんぜんいやじゃないんですよね。

夜空と交差する森の映画祭

主催の佐藤さんにも忙しい所、少しお時間いただきお話させていただきました。この規模のイベントの当日ですので長いお時間いただくのは遠慮して、撮影しながらの軽くお話をさせていただくのみとしました。これからの構想や映画への想いなどについてお話いただいたのですが、さらにもう少しつっこんで後日お話させていただくことにしました。それらの記事はまた後日藤本エリ記者が執筆してくれることになっており、楽しみにしていてください。

夜空と交差する森の映画祭代表 佐藤さん
1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy