ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニコ生主たちが真剣に「演技」挑戦 横山緑とペニオ、「自主制作映画」祭り開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ニコニコ動画で生放送ができるネットライブサービス「ニコニコ生放送」。そこで生放送をする人たちは”生主”(なまぬし)と呼ばれるが、彼ら”生主”が集まって作られた「自主制作映画」が今、ニコニコ生放送で話題となっている。映画を作ったのは横山緑さんとペニオさん。2011年5月22日には「決戦!暗黒映画VSペニオ映画 映画祭」が開催、2人の最新作が同時に公開された。

 横山さんとペニオさんは、それぞれ「暗黒放送P」と「ペニオ制作局」という生放送を展開している人気の生主だ。2人とも普段は雑談を中心とした生放送を行っているが、過去に横山さんは「死んだお金」「ハンカチ女」、ペニオさんは「BAN重視」という作品を公開した自主制作映画の「監督」でもある。

 本日22日に行われた映画祭では、2人が最新作を公開。ペニオ監督の新作「Y Do You Step」では、生主のBackassさん、ハンサムさん、EMIさん、okailoveさんらが出演。物語は、「めんどくせえ」が口癖で、つまらない日常に飽きた主人公が、さらわれた幼なじみを助けるために今までの自分を変えていくというストーリーだ。

 対する横山監督の新作「やくざ監督」では、生主のヒーロー見習さん、石川典行さん、力也さん、百花繚乱さんらが出演。映画制作費の100万円を盗まれた主人公の映画監督と、それを取り巻く人間たちを描いたバイオレンスアクションとなっている。

 また、両作品はともに、出演だけでなく主題歌や編集といった裏方までも生主たちの協力により作られている。生放送された映画祭には視聴者が殺到し、映画のクオリティの高さや、普段とは違い真剣に演技に取り組む生主たちの意外な一面を楽しんだようだ。

 ニコニコ動画には、「歌ってみた」や「踊ってみた」、「演奏してみた」いった動画カテゴリがあり、それらを特技とする投稿者がアーティスト(表現者)として視聴者から支持を集めている。しかし、そういった特技を持たず、普段は雑談などで自身の生放送を盛り上げている生主たちにとって、今回のような「自主制作映画」の動画を投稿することや、そのなかで芝居をすることが、新しい「表現方法」のひとつとして今後大きな注目を集めるかもしれない。

 なお、公開された2人の最新作は現在、ニコニコ動画で公開されている。マイリスト(お気に入り)数や再生数などにより、どちらの作品が優秀であったかを決め、結果は後日発表されるという。

◇関連サイト
・[ニコニコ動画]ニコ生映画『Y Do You Step』1/3 – 会員登録が必要
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14523938
・[ニコニコ動画]やくざ監督① – 会員登録が必要
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14520482
・[ニコニコミュニティ]暗黒放送P
http://com.nicovideo.jp/community/co602157
・[ニコニコミュニティ]ペニオ制作局
http://com.nicovideo.jp/community/co113852
・[ニコニコ生放送]決戦!暗黒映画VSペニオ映画 映画祭 冒頭から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv50513159?ref=news

丹羽一臣

【関連記事】
ニコ生主6人が番組企画をプレゼン 視聴者から最も支持を集めたのは?
ニコニコ生放送の経験生かして 生主ら、被災した女川でFM放送局を立ち上げ
ニコニコ本社を”生主”に使わせろ! 番組企画コンペにひろゆき前向き

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP