体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OKAMOTO’S『OPERA』インタビュー

OKAMOTO`S_0056-

昨年2014年にデビュー5周年を迎えた4人組バンド、OKAMOTO’S。モダンなセンスを溶かし込んだオーセンティックなロックンロールで行く手を切り拓いてきた彼らが、最新アルバム『OPERA』で大きな変貌を遂げた。家の鍵、携帯、財布をなくした男を主人公としたストーリー(オフィシャルHPにはOKAMOTO’S×草薙洋平による小説版「OPERA」の一部が公開。書籍化も発表された)が展開されるロック・オペラ形式のこの作品は、バンドが心血を注いだ歌詞に合わせて、メンバーそれぞれがオーセンティックなロックンロールからはみ出すように育んできた豊かな音楽性が一気に開花。10年代後半のさらなる飛躍の足がかりとなるOKAMOTO’Sの重要作を前に、意気上がる4人に話を訊いた。

――OKAMOTO’Sの未来を切り拓く、大きな可能性に満ちた新作アルバム『OPERA』について、お話をうかがっていく前に、まず、デビュー5周年を迎えた2014年までの活動を振り返っていただけますか?

ショウ「俺たちは中学の時に出会って、そこからずっと一緒に活動してきたので、学校の音楽室から飛び出したような感じで、下積み時代がないまま、ライヴでやっていることをそのまま作品にしてきました。それが初期衝動的な作品と呼ばれている間は何が何だか分かっていなかった節もあって、そのうちに「どうやら、これはそういうものらしい」ということが分かってきて。もう少し伝わるため、伝えるためには、テクニックだったり、楽曲としての作りを考え直さないといけないらしい、と。そこで、いいメロディ、いいアレンジの曲を書いていこうと思ったのが、2013年の『OKAMOTO’S』であり、2014年の前作『Let It V』でした。そして、自分たちのデビュー5周年を記念した野音のワンマンライヴを昨年の10月に無事終えたのが、前作までの大きな流れですね」

――そうした流れとバンドにとっての節目を経た今回のアルバム『OPERA』で、ザ・フーの『トミー』に象徴されるロック・オペラという壮大なテーマに挑んだのは?

ショウ「この作品は、音楽好きとの話で出てくる、いわゆるロック・オペラとは少し違う要素もあると思っていて。ザ・フーの『トミー』なんかがそうですけど、ロック・オペラには主人公の成長や生まれてから死ぬまでを描くような長いストーリーと、そのなかですごい精神世界にも入り込んでいくし、深いところに行くために、音楽的にも複雑になっている作品が多いじゃないですか。でも、俺らはそういうことをやりたいがためにロック・オペラを作ったわけではなく、一つの物語があるというアルバムのフォーマットを借りたくて、それがつまりロック・オペラだったという感じです」

OKAMOTO`S_0062-

――なぜ物語が必要だったんですか?

ショウ「まず一つは、バンドが転換期を迎えたということで、今までのようにいい曲、いいメロディという武器だけに頼らず、リスクを背負って、濃いものや挑戦的なものを作らないと、10周年を迎えた時にすごい景色が見られないんじゃないかと思いました。だからこそ、「変わったね」と言われるスゴい作品を作りたかった。でも、当初はそれが何なのか分からなかったんです。でも、その後、くるりの岸田(繁)さんをプロデューサーに迎えた楽曲「Dance With Me」を作ったことでみえてきたものが、曲調が超展開していくサウンドはもちろん、俺たちにとって、何が大きかったかというと、歌詞でした。最初に「この曲を一緒にやりたいんです」と、デモを持っていったら、岸田さんにはっきりと歌詞をダメ出しされて、「歌詞が何を言いたいのか分からないのに、曲がやりたい放題の展開でどうしたらいいか分からないから、まず、4人で話し合ってみて」と言われたんです」

――なるほど。

ショウ「そのうえで、「こういう節目のタイミングの曲はメンバー全員で書くべきなんだよ」というアドバイスを受けて、4人で出し合った言葉を元に歌詞に組み上げていったら、一人で書いた歌詞のような簡潔さはないものの、俺たちがずっとモヤモヤと抱えていた想いを初めて言葉に出来たような、そんな歌詞になったんです。そのなかでも象徴的だったのが、コウキが書いた「ローリングストーンズが最高ってことになんで みんな気がつかないんだろう?」という一節で、「もうホント、それ!」っていうことを簡単に言えるコウキはスゴいと思ったし、「やっと、こういう曲が書けた」と自信が持てる1曲になった。そこから、この曲があまりにいいので、今回のアルバムではこの楽曲に至るまでの自分たちの心の動きを描いていったらいいんじゃないかと思いつきました。更に、バンドとして変わりたいという想いも相まって、アルバムに物語を付けようということになったんです」

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。