ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ツインカメラと3D液晶搭載のAndroidスマートフォンがソフトバンクからも『AQUOS PHONE Softbank 006SH』として発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ツインカメラと3D液晶搭載のAndroidスマートフォンがソフトバンクからも『AQUOS PHONE Softbank 006SH』として発売へ

シャープ製のツインカメラと3D液晶搭載スマートフォンが、NTTドコモとKDDIに続いてソフトバンクからも発表されました。『AQUOS PHONE Softbank 006SH』として、6月下旬に発売を予定しています。

スマートフォン用OSの最新版であるAndroid 2.3を搭載。800万画素のツインカメラを搭載し、横持ちにして3Dの静止画や動画を撮影できます。4.2インチ、540×960ドットのQHD液晶は、3Dコンテンツを裸眼で立体視可能。ハイビジョン画質の3D動画を、立体視した映像を見ながら撮影することができます。

液晶テレビ『AQUOS』や『AQUOSブルーレイ』などのAV機器とワイヤレスで連携する『スマートファミリンク』、カスタマイズ可能なユーザーインタフェース『TapFlow UI』が利用できるほか、『おサイフケータイ』やワンセグ、赤外線通信、緊急地震速報といった携帯電話向け機能に対応します。CPUは1.4GHzの『Snapdragon』MSM8255を搭載。

ほぼ同仕様のスマートフォンが、ドコモは『AQUOS PHONE SH-12C』として5月20日に、KDDIは『AQUOS PHONE IS12SH』として6月下旬以降に発売されます。シャープのフラッグシップモデルになりそうなこれら端末は、3Dを武器にシェアを伸ばすことができるのでしょうか。

『AQUOS PHONE Softbank 006SH』主な仕様
サイズ:約W64×D130×H13mm
重量:約139g
連続待ち受け時間:約450時間(W-CDMA)、約350時間(GSM)
連続通話時間:約370分(W-CDMA)、約350分(GSM)
ディスプレー:約4.2インチ QHD(540×960) 3D対応 NewモバイルASV液晶
カメラ:有効画素数 約800万画素 CMOSカメラ2個
インカメラ:有効画素数 約31万画素
外部メモリー:microSDHCメモリーカード最大32GB
Wi-Fi:IEEE802.111 b/g/n
Bluetooth:Ver. 3.0
カラー:プログレスレッド、ホワイト、ブラック

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。