ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【えひめ最新レポ】 西条市「千の風になって」プロジェクト 白いポストや到着メロディも

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

モニュメントと図書館
テノール歌手の秋川雅史さんが歌った「千の風になって」。この名曲にまつわる取り組みが、愛媛県西条市で行われている。なぜ西条市で、とまず思うかもしれない。その理由は、秋川さんが西条市出身であることに由来する。
西条市では、歌にゆかりがある北海道七飯町、新潟市とともに、さまざまな「千の風になって」に関するまちづくりに取り組んでいる。例えば、3市町合同での「千の風サミット」をはじめ、音楽フェスティバル、「千の風になったあなたへ贈る手紙」を全国募集したことも。
西条市にあるJR伊予西条駅の到着メロディにも「千の風になって」が流れるのも、地元ではおなじみだ。
また、2012年2月に真っ白なポスト「白い羽のポスト」が設置された。これまで約7,000通の手紙が届けられ、西条図書館に大切に保管されている。来年2016年は、東日本大震災から5年。全国から手紙を募集し、年度末に代表作品を紹介するイベントも開催予定となっている。
2015年3月には、「千の風モニュメント」も完成。安らぎと風、心の再生をテーマに、「千の風になって」を作詞・作曲した“生みの親”である新井満さんが監修して制作された。白い羽のポストとこのモニュメントは、北海道七飯町、新潟市にもあり、今後も3市町でまちづくりに取り組んでいく。
西条市観光協会 今どきの西条http://saijo-imadoki.heteml.jp/いよ観ネットhttp://www.iyokannet.jp/
(Written by Aki Shikama)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
【えひめ最新レポ】 日本最大級! 西条発 食べたら福が来る巨大「柿」
【えひめ最新レポ】トマトソースで味わう! 内子の新グルメ「朝霧鍋」
【えひめ最新レポ】“幻の戦闘機”「紫電改」 国内で唯一実機が見られる展示館

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。