ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『東京下町もんじゃ焼き味 ポテトチップス』は意外にもリアルなもんじゃ味を再現!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
22

ルビー株式会社の『ポテトチップス 東京下町もんじゃ味』は、その名の通り下町のもんじゃ焼きを再現したフレーバーで、期間限定の少量限定で販売中だ。

 

カルビーは、さまざまなご当地チップスを地域限定などで販売している。期間限定で開催する「ポテトチップスお国自慢祭り」では、その人気ご当地ポテトチップスの販売をしてきた。

DSC_0131-650x434

今回もそのお祭りを開催するにあたり、地域限定フレーバーの取り扱いが無い「関東エリア」の味を開発。

85304

東京のソウルフードと言えば「もんじゃ焼」!! といったノリで決まったこのフレーバーだが、生まれも育ちも東京の記者からすると、他にも何かないのか? という気もしないでもないが……。

DSC_0129

マイナビの「これを食べたら東京都民」と言うアンケートでも、東京バナナ・人形焼・雷おこし・江戸前寿司を抑えて堂々の一位を獲得したのが「もんじゃ焼き」なんだそう。それは観光客に人気なお土産&グルメランキングでは? という新たな疑問が湧き上がってくるが、たしかに「東京の味ってナニ?」と聞かれれば一瞬悩んでしまうのも事実。東京のグルメは、ポテトチップスのフレーバーとして再現しづらいものが多い。

85311

さて、肝心の内容をチェックしていこう。コンビニでは83g、コンビニ以外では58gと、販路によってグラム数が違う点に注意。

85332

開封すると、一瞬コンソメチップスと同じ香りがするが、袋から出すとプーンとソースの香りが広がる。食欲をそそるソースの香ばしい風味が、ビールを飲みたい気分を一気に盛り上げる。ソースの香りは不思議とテンションをお祭りモードにしてくれる。

85339

ポテトチップスの厚みは、定番のフレーバーと同じ。一口食べると、ソースの香りに加えてアオサの香りが広がる。たこ焼きやお好み焼きと同じソースとアオサの組み合わせだが、不思議とたこ焼きでもお好み焼きでもない味がする。そう、もんじゃだ。

85345

もんじゃ焼き独特の風味が、意外にもきちんと再現されている。だが後味はポテトチップス。おそらくもんじゃ焼きのあの液状の生地特有の風味、出汁の味の再現に苦心したものだろう。似たような味付けになりがちなソース系のなかでも、きちんと独自のポジションに収まっている感がある。

85350

シルバーウィークに帰省をする人、もしこの限定チップスを見かけたら、お土産にしてみてはいかが?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。