体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カツ丼界のニューウェーブ? カツ丼から玉葱を抜く件の是非 @『瑞兆』渋谷

zui-1_R

筆者はカツ丼を食べに大阪の『まる栄』まで行くくらいの、カツ丼マニアですが、日本で一番美味しいと言われているカツ丼を、みなさんは御存じでしょうか?

と、言う訳で今回は日本一の呼び声も高い、渋谷の『瑞兆』に今更ながら行って参りました。

筆者、渋谷の大地に降り立つ!

zui-10_R

多くの人を感動させると言う『瑞兆』は渋谷にあります。正直、筆者の活動範囲外ですが一度はその味を確かめたいものです。

そんな筆者にも産まれて初めて渋谷に行く用事が出来たので、噂の『瑞兆』に行かざるを得ない! むしろ今行かなければ永遠に行かない可能性も否めない今、行くのか行かないのかと言ったら行く一択で御座います。

たった2種類のメニューだと?

zui-6_R

非常に分かりにくい場所に『瑞兆』はありますが、そこはスマホとかタブレットとかを駆使して、訪れる方向で頑張って下さい。

そして地図が示す店の前まで来たものの、そこから店を発見するのが微妙に難しいのですが、謎なビルの中にある通路みたいな隠れ家的な場所に『瑞兆』はあります。

御世辞にも広いとは言い難い店内はカウンター席のみ。しかもメニューは”瓶ビール”と”カツ丼”のみと言う潔さ!

硬派な店構えからして、これはかなり期待出来るんじゃないでしょうか?

『瑞兆』のカツ丼を食す!

zui-7_R

この後の仕事で飲むので、ここはひとまずビール抜きで、カツ丼だけ頂く事にしましょう。

注文を受けるとトンカツを揚げ始め、その他諸々の準備をします。

まあ、ここまでカツ丼に特化した店で”揚げ置き”とか有り得ないので、ここまでは普通ですね。

先に”おしんこ”と”お吸い物”が提供されます。ちょっと上品な感じの”お吸い物”に驚きですが、驚く間も無くカツ丼がやってきました。

カツ丼界のニューウェーブ『瑞兆』

zui-2_R

そして丼の蓋を取って念願の『瑞兆』のカツ丼とご対面で御座います。

まあ、筆者は知ってて訪れているので、特にインパクトはありませんが、なんと『瑞兆』のカツ丼は卵でとじられていません!

「卵の上にオンTHEカツ」

みたいな感じです。なるほど、こう来ましたか。

薄焼き卵的な何かにトンカツを乗せて、その上からタレをちょいとかけた感じですね。このスタイルだと

「トンカツがサクサクのまま!」

なので従来よりもトンカツの美味しさが強調され、美味しいらしいです。

食べてみると、確かにトンカツのクリスピー度は高いかなぁと思う筆者ですが、正直何かが物足りないような?

zui-3_R

卵の火加減もタレも申し分ないのですが、筆者のテンションが上がる気配が微塵もありません。

しかし、美味いか不味いかと言われたら、確実に美味しい食べ物だとは思いますが、このモヤモヤ感はなんでしょう?

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。