体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手書きメモをデジタル化できる『ショットノート』がAndroidに対応 新アイテムも発売へ

キングジム『ショットノート』

『iPhone』を使って手書きメモをデジタル記録できるノートとして話題になった、キングジムの『ショットノート』がついにAndroidにも対応、さらに新アイテムを追加します。新アイテムはリングノートタイプ、ルーズリーフタイプ、貼ってはがせるタイプの3種類で6月10日に発売、Android向けアプリ『SHOT NOTE Android』(無料)の配信は6月下旬予定です。

『ショットノート』は、“手書きメモをすっきりデジタル化”をコンセプトに開発された、手書きメモとスマートフォンが連携する次世代文房具。対応するアプリを利用して手書きメモをスマートフォンで撮影するだけで、保存や整理が簡単なデジタルメモとして活用できます。今回は、これまでの『iPhone』に加えて新たにAndroid向けの対応アプリ『SHOT NOTE Android』を無料配信。アプリ対応端末は、NTTドコモ『Xperia(OS 2.1)』と『Galaxy S(OS 2.2)』を予定しています。

キングジム『ショットノート』を『SHOT NOTE App』で読み取り

専用アプリ『SHOT NOTE App』または『SHOT NOTE Android』を起動して手書きしたノートを撮影すると、『ショットノート』の四隅にあるマーカーを読み取り自動でトリミングして、台形補正や色補正、サイズ補正を行い画面ぴったりにデジタル化。デジタル化したメモの右上には日付と番号が自動的に入るほか、検索用にタグを付加することもできます。

キングジム『ショットノート』

『ショットノート』から取り込んだメモは、アプリ上で保存や整理が可能。メールで送ったり、『Evernote』に投稿して保存することもできます。これまでのラインナップに、横罫線のリングノートタイプ『ショットノート(ツインリングタイプ)』、学生向けにルーズリーフタイプの『ショットノート(ケース付きルーズリーフタイプ)』、メモを手帳やノートに貼って一時保管できる『ショットノート(貼ってはがせるタイプ』の3種類の新アイテムを追加発売します。

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。