体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カスピ海が何処にあるのかすら知らない筆者が『カスピ海ヨーグルト』を作ってみた

kasupi-13_R

まず日本で『カスピ海ヨーグルト』を知らない人は居ないと思いますが、一応はココに報告しておきましょう。

「カスピ海ヨーグルトは自分で量産出来る!」

まず、ヨーグルトを作る風習が無い日本ですが、いつの間にか主婦達の間では”自家製カスピ海ヨーグルト”が流行っていた模様。

いや、厳密にはとっくの昔から流行っているんだけど、筆者が知ったのは2015年の夏だったと言う驚愕の事実。

なので今更感100%な感は否めませんが、改めて『カスピ海ヨーグルト』の作り方を伝授しておきましょう。

まず普通に作ったのでは普通過ぎるので、限りなく手抜きな感じで作ってみましょう。

『カスピ海ヨーグルト』と牛乳を用意する

kasupi-2_R

最近はスーパーでも『カスピ海ヨーグルト』の種(菌)を売っていますが、2回分で700円チョイします。

無論、そこから『カスピ海ヨーグルト』を作って、作った『カスピ海ヨーグルト』を種にして、再び量産する事は可能らしいのですが、いかんせんヨーグルト如きで700円は高いと思う筆者です。

kasupi-1_R

なので、ココはひとまず市販の『カスピ海ヨーグルト』(220円)から種を取り出します。

いや、実際にこれでも問題ないと思うのですが、なんで世の一般ピープルは700円で種を買っているのでしょうか?

そして浮いた予算で牛乳は奮発してみました。

kasupi-3_R

きっと『濃い牛乳』なら濃いヨーグルトが出来るであろうと言う、素人の安易な発想で御座います。

容器を消毒するのが面倒だった件

kasupi-7_R

そして『カスピ海ヨーグルト』を作ろうと材料まで買ってみたものの

「使う道具を全て熱消毒!」

みたいな面倒臭さに心が折れた筆者は、無い知恵を絞って簡単に作る方法を考えてみました。

まず、牛乳パックでダイレクトに作ります。

筆者レベルのズボラー男子が”熱湯消毒”をしようと下手に頑張るよりも、メーカーさんが無菌状態で出荷した”手つかずの牛乳パック”の方が、はるかに信頼性は高いと思われます。

なので、ココは牛乳パックの上部を御開帳し、ダイレクトに『カスピ海ヨーグルト』をインします。

分量は適当です。

カレーを食べるスプーンで3杯入れました。

その後、そのスプーンで適当に牛乳パックの中を撹拌しました。

以上です。

kasupi-5_R

しいて言うなら食中毒は避けたいので、スプーンをコップの熱湯に浸けて熱消毒してみました。

使う器具が”スプーン1本”なので、逆に衛生的には不安定な要素は少な目で御座います。

27度の温度をキープすべし!

kasupi-10_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。