ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

No Device Check : root端末をあたかもroot化されていない端末として外部アプリに見せることのできるXposedモジュール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

root 化された Android 端末をあたかも root 化されていない端末として振る舞うように外部アプリに見せることのできる Xposed モジュール「No Device Check」が公開されました。Android では、「SafetyNet API」という API を通じて、別のアプリがシステムの改変をチェックできるようになっており、root 化されていたり、システムが非公式に改変されている場合には「False」フラグを返しますが、この Xposed モジュールはそのフラグを常に「True」にします。つまり、root 化されておらずシステムも何ら改変されないように見せることができるのです。一部のアプリには、root 化されている場合にはアプリ自体を起動できないようにするものもあります。Xposed フレームワークを導入している端末は基本的に root 化されているので、これらの端末で root チェックを行う別のアプリを利用できるようにします。Source : Xposed repo

■関連記事
OPPO、メッシやイニエスタ、ダニエウ・アウヴェスの直筆サイン入りOPPO R7 Plus FC Barcelona EditionをeBayに出品、現在は135,000円
Huawei、「Honor 4C」のアップグレード版を9月15日に発売
Sony Mobile、「猫目」「1930年代」「舞妓」などのスタイルポートレート用追加スタイル14種類を一挙公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP